硬式野球チーム
大阪狭山ヤング
のホームページ

大阪狭山ヤングでは、選手のケガを未然に防止する目的と、本来持っている選手の能力を最大限引き出せる様に、羽曳野市のはびきのヴィゴラスとトレーナー契約をしています。 年始にも選手たちの肩・肘のエコー検査を行いました。今後も定期的に取り組んで行きます。 万一の事故に備え、大阪狭山ヤングではAEDを完備しております。


2019年5月25日より始まりました「第27回 ヤングリーグ選手権大会 支部予選」
において、優勝し、全国大会出場を第一代表として決めました。二年連続の全国大会です。

決勝戦

 貝塚ヤング
 0 1 0 0 1 0 0  2
 0 0 2 0 0 1 ×  3

 大阪狭山ヤング 




8月17日〜19日まで開催される『倉敷国際少年野球大会』に大阪選抜チームの一員として、末田朔也君と三谷元気君が選ばれました。チームの代表として活躍してくれる事を期待しております。



大阪狭山ヤングでは、令和元年度、入団希望生の体験練習を随時募集しております。

ヤングリーグでは、高校野球に向け、試合経験や体力強化の為、3年生の大会が10月まで組まれています。


大会もレギュラー(3年生以下)、ジュニア(2年生以下)、スーパージュニア(1年生)

と複数の大会にエントリーしております。


新1年生に限らず、新2年生、新3年生で硬式野球に興味のある選手も募集中です。


先ずはチームの雰囲気を知っていただく為に体験練習から気軽に来てください。

スケジュールから体験希望日を決めて下記までご連絡下さい。


連絡は
監督 石田 TEL 090-5014-8395まで



<代表より挨拶>
 大阪狭山ヤングは、1998年10月に創部いたしました。日本最古の溜め池で有名な大阪狭山市を中心に活動し、学校生活を最優先に捉え、学業を疎かにすることなく、健やかな心身のもと人と人、地域と地域との交流を大切にして「狭山池祭り」「市民マラソン大会」「植樹祭」「狭山池清掃」等、積極的に参加しております。


ヤングリーグの理念であります[清く・正しく・明るく・楽しく・強く]を実践し、積極性、協調性、思考性を育み、経験豊富な指導者のもと、厳しい練習をする中で、青少年の健全育成に努力し、将来良き社会人になるよう心身の育成を目的とするチームです。





大阪狭山ヤングは、文武両道を掲げ、チーム訓のもと、練習や試合に励んでいます。
1、野球で目一杯が出来なくなったら進歩が止まる。
2、全力で追いかけ、全力で投げる。
3、バットを思い切って振る。
4、大きな声で目一杯挨拶をする。
5、全員で全力で道具を片付ける。
6、これらが出来れば、明るく楽しんで野球をしよう。



チームの練習は、まず声出しから始まります。

<<挨拶>>
いつでもどこでも人より先に、笑顔で!!特にグランドでは大きな声ではっきりと!!



<<感謝の心>>
親・指導者に「ありがとう」の心をわすれずに。周りの人を思いやる優しい心を持つ。




一、心が変われば態度が変わる。
一、態度が変われば行動が変わる。
一、行動が変われば習慣が変わる。
一、習慣が変われば人格が変わる。
一、人格が変われば運命が変わる。
一、運命が変われば人生が変わる。


この言葉を全員で大声で言う事から練習が始まります。




<スタッフ紹介>
代表 樋口 幸夫

副代表 森井 真司

監督 石田 朋也

コーチ 梅川 英明

コーチ 中山 哲寛

コーチ 下地 伸英

トレーナー 兵頭 惇