少年ソフトボールチーム
古ヶ崎SK
のホームページ


昨日: 本日:
野球ってかっこいい!!・・・そう思った時が始め時★(^^)V ボールを打った瞬間の気持ちよさ、味わってみませんか?キャッチボールから一緒に始めましょう。スタッフ・コーチ・部員一同、新しい仲間をお待ちしてます!!

メインページ
(更新日:2020/11/25 14:3)
Webスコアブック
(更新日:2020/12/1 14:52)
メンバー紹介
(更新日:2020/9/14 13:25)
スケジュール
(更新日:2012/7/13 8:36)
チーム紹介
(更新日:2018/10/24 15:41)
掲示板
(更新日:2018/10/5 13:16)
掲示板2
(更新日:2014/10/18 11:51)
掲示板型アルバム
(更新日:2018/3/19 18:0)
リンク集
(更新日:-)
携帯電話(ガラケー)へ
  アドレスをメール

メッセージボード
全国チーム検索
ぐるめネット
びらくネット
「行くぜ!」からお知らせ
(更新日:2020/11/22 19:26)


古ヶ崎SKソフトボールクラブは、これから始めたいお友だちやお父さんとキャッチボールしていたお友だちを待ってます!! 古ヶ崎小学校で、土曜の午後と、日曜や祭日は朝から夕方まで練習しています。いつでも、見学に来て下さい。体験も大歓迎\(^^)/ 女の子も活躍しているよ!!



☆ 2020年 《 古ヶ崎SK・部員大募集中! 》 ☆

   6年生 6人(女子2人)
   5年生 3人  
   4年生 0人 →大募集中!
   3年生 4人(女子2人)
   2年生 2人 →大募集中!
   1年生 0人 →大募集中!
    
部員大募集中です!!!女の子も大歓迎です!
合計15名の元気の良い子供達で楽しく活動しています。
一緒にソフトボールを楽しもう!

友達と誘い合って体験に来てください!事前連絡は無くても大丈夫です!
(お気軽に遊びに来てください、お待ちしてます)

練習:毎週土・日・祝日(土曜日13時から、日曜日9時から終日)
場所:主に古ヶ崎小学校
部費:1ヶ月 ¥1500(兄弟、姉妹は¥1000円)

お父さん・お母さんも自分の子供と一緒にソフトボールをやってみませんか?
親子が一緒に練習出来るのも小学生時代のみです。
是非子供と一緒にボールを追いかけましょう!



☆☆☆☆☆ 令和ニ年度活動予定 ☆☆☆☆☆
   

《11月予定》

 1(日) AM練習試合(ツインズさん)午後合同 古南小他
 3(日) ジュニアリーグ(9:00vs和名ヶ谷)幸谷小
     PM:松戸西練習試合vs小金北さん
 7(土) 9時バッテリー、12時通常練習   古ヶ崎小
 8(日) 古ヶ崎栄町リーグ秋季大会      古ヶ崎小
14(土) 松戸西(古南小)U-10(古ヶ崎小)合同練習
15(日) 松戸西(古南小)U-10(古ヶ崎小)合同練習
21(土) 9時バッテリー、12時通常練習   古ヶ崎小
22(日) 旭学区大会             旭町小
23(月) 松戸西(古南小)U-10(古ヶ崎小)合同練習
28(土) 松戸西(古南小)U-10(古ヶ崎小)合同練習
29(日) 松戸西練習試合VS上本郷選抜     古南小


《12月予定》

 5(土) 松戸西(古南小)U-10(古ヶ崎小)合同練習
 6(日) 松戸市地区選抜大会1日目      未定
12(土) 松戸西(古南小)U-10(古ヶ崎小)合同練習
13(日) 松戸市地区選抜大会2日目      未定
19(土) U−10合同練習          古ヶ崎小
20(日) U−10大会            未定
26(土) 未定
27(日) 未定


《年明けの大会予定》

 1月24日     古ヶ崎ドリーム杯
 1月31日     ファイヤーカップ 
 2月 7日     明第一地区大会
 2月11日     KOGASAKICUP



○● 令和二年度大会結果 キャプテン 田 中 蒔 里 ●○


第74回旭学区大会          予選敗退
第64回古ヶ崎栄町リーグ秋季大会     3位
第89回松戸市ジュニアリーグ東リーグ 予選敗退
令和2年度中央大会予選        予選敗退
令和2年度千葉県大会予選       予選敗退

第75回KOGASAKIカップ夏     中止
第89回松戸市ジュニアリーグ春      中止  
第64回古ヶ崎栄町リーグ春季大会     中止
第62回YS春季大会           中止
第74回旭学区大会            中止
第3回山藤杯(小金新人戦)          中止 
第12回松ヶ丘大会            中止



■第74回旭学区大会 11/22 古ヶ崎小

☆予選2戦目

SK|0|0|0‖0
 寿|4|1|2‖7

☆予選1戦目

 SK|0|0|0‖0
南花島|2|2|1‖5


■第64回古ヶ崎栄町リーグ秋季大会 11/8 古ヶ崎小

☆3位決定戦

南花島|0|0|0‖0
 SK|1|1|5‖7

☆1回戦

ヤングU|0|0|4|1‖5
 SK |0|0|1|0‖1


■第89回松戸市ジュニアリーグ東リーグD 11/03 幸谷小 

☆5戦目

 SK |0|0|0‖ 0
和名ヶ谷|3|10|×‖13


■第89回松戸市ジュニアリーグ東リーグC 10/25 古ヶ崎小 

☆4戦目

 SK |0|0|0|0‖0
あじさい|2|3|0|×‖5


■第89回松戸市ジュニアリーグ東リーグB 10/18 新松戸西小      

☆3戦目

SK|0|0|2|3‖5
稔台|0|0|2|4‖6


■第89回松戸市ジュニアリーグ東リーグA 10/11 幸谷小      

☆2戦目

SK |0|0|0‖0
相模台|8|6|×‖14


■第89回松戸市ジュニアリーグ東リーグ@ 10/4 新松戸西小      

☆1戦目

三ヶ月|1|0|7|0‖8
SK |2|0|0|0‖2

 
■令和2年度中央大会予選会  9/27 古ヶ崎小      

☆1回戦

東町|3|3|6‖12
SK|0|0|0‖ 0


■令和2年度千葉県大会予選会  8/2 河川敷グランド      

☆1回戦

 SK|0|0|0‖ 0
三ヶ月|3|10|×‖13


-------------------------------------------------------------


○● 令和元年度大会結果 キャプテン 高 橋 龍 之 介 ●○

第14回青少年相談員大会         4位
第10回ファイヤー杯           6位
第76回KOGASAKI CUP      7位     
第44回北部小大会            3位
第73回旭学区大会            4位
第04回U−10大会(松戸西合同)   予選敗退 
第24回松戸市地区選抜大会       予選敗退
第12回古ヶ崎ドリーム杯         5位
第88回松戸市ジュニアリーグ東リーグ   5位
第44回明第一地区大会          3位
第62回YS・マクドナルド杯      予選敗退
第63回古ヶ崎栄町リーグ秋季大会     6位
第75回KOGASAKIカップ      7位
令和元年度松戸市中央大会予選      予選敗退
第87回松戸市ジュニアリーグ南リーグ   5位
第62回古ヶ崎栄町リーグ春季大会     4位
第61回YS春季大会          予選敗退
第72回旭学区大会            4位
第2回山藤杯(小金新人戦)          3位 
第11回松ヶ丘大会           予選敗退

------------------------------------------------------------


■第14回青少年相談員大会        


☆3戦目

SK|0|0|1|0‖ 1
 寿|3|0|1|×‖ 4

☆2戦目

SK |0|0|0|0‖ 0
相模台|2|0|2|0‖ 4

☆1戦目

SK|0|0|2|3‖ 5
秋山|0|0|0|0‖ 0



■第10回ファイヤー杯      2/23 六実二小


☆3戦目

こばと新作|3|4|5‖12
 SK  |2|1|0‖ 3

☆2戦目

SK |0|2|0‖ 2
小金北|2|3|3‖ 8

☆1戦目

ツインズ|4|4|0|7‖15
 SK |0|0|0|0‖ 0



■第76回KOGASAKI CUP  2/9  古ヶ崎中

☆3戦目

  SK  |0|0‖0
ウイングス|4|5‖9

☆2戦目

わかば|2|0|0‖2
SK |0|1|0‖1

☆1戦目

 SK |2|0|3‖5
和名ヶ谷|1|0|0‖1


■第44回 北部小大会  1/19  北部小

☆2戦目

南花島|1|5|4|6‖16
SK |1|0|0|0‖ 1

☆1戦目

 SK |2|0|1‖ 5
ヤングU|0|7|×‖ 4


■第72回 旭学区大会  1/13  古ヶ崎小

☆3戦目(3位決定戦)

SK|0|0|0‖ 0
 寿|6|2|×‖ 8

☆2戦目

SK |4|0|0‖ 4
南花島|0|3|2‖ 5

☆1戦目

 SK |3|0|2‖ 5
ヤングU|3|0|1‖ 4


■第4回U−10大会  12/8 松戸南高校

※U−10松戸西(わかば、ヤング、古ヶニ、SKの合同)

☆2戦目

竜房台|0|0|0‖0
松戸西|7|1|0‖8

☆1戦目

 松戸西  |0|0|0‖0
MSドリーム|6|2|×‖5


■第24回松戸市地区選抜大会 12/8 松戸南高校

☆2戦目

六実東選抜|1|0|0|0|4‖5
松戸西選抜|0|0|0|0|0‖0

☆1戦目

小金北選抜|0|0|0|1‖1
松戸西選抜|2|0|1|×‖3


■第12回古ヶ崎ドリーム杯 12/1 古ヶ崎小

☆3戦目 

 SK |4|3|1‖8
あじさい|1|0|0‖1

☆2戦目 

SK |0|0|0‖0
三ケ月|0|1|4‖5

☆1戦目 

SK|2|2‖4
秋山|7|×‖7


■第88回松戸市ジュニアリーグ東リーグ 10/6、13、14,27 馬橋北,上本郷小


☆6戦目 10/27

和名ヶ谷|0|0|0|1‖1
 SK |5|1|0|×‖6

☆5戦目 10/27

SK |0|4|4‖8
わかば|1|0|0‖1

☆4戦目 10/14

SK |2|0|0|0‖2
さつき|5|2|2|×‖9

この試合は目立ったミスも無くしっかり打たれての敗戦。徐々に試合になってきている。
あと2試合しかない。絶対に勝とう。

☆3戦目 10/13

風の子|2|5|8‖15
SK |0|0|0‖ 0

この試合もしっかり打たれたが、四球、エラーも重なりまたも大敗。

☆2戦目 10/13

ゆうかり|5|4|1‖10
 SK |0|0|0‖ 0

この試合は打たれはしたが6エラーと守備の乱れもあり大敗。

☆1戦目 10/06

 SK |2|0|1‖ 3
火の見下|3|6|4‖13

秋のジュニア初戦。幸先良く2点先制。しかし四球、ミス連発でいつも通りの結果に。



■第44回明第一地区大会 10/20 旭町小

☆2戦目

SK |3|0‖3
南花島|4|3‖7

初回リュウノスケのタイムリー、ショウゴのHRで先制。しかも相手は控え選手中心で
久々の勝利を期待したが、相手無安打四球多発で楽に敗退。

☆1戦目

ヤングU|9|0|4‖13
 SK |0|0|0‖ 0

初回から四球、エラー連発で9失点。完全試合で敗戦。

点の取り方、走塁は良かった。


■第62回YS春季大会  9/29  新松戸西小


☆2戦目

SK |0|0‖0
相模台|4|5‖9

この試合も同じ。下手でも今できることは全力でやろう。

☆1戦目

SK |0|1|2‖ 3
風の子|8|2|1‖11

この試合はいつも通りエラー、ミス多発でチーン。全力でボールを追わないなど相変わら
ず必死さがない。


■古ヶ崎栄町リーグ秋季大会           9月1日

☆5位決定戦

 相模台|2|9‖11
 SK |0|0‖0

☆予選リーグA

 SK |0|0|0‖0
 陣ヶ前|3|6|×‖9

☆予選リーグ@

 SK |1|0|1‖2
ヤングU|3|0|1‖4


■夏季古ヶ崎カップ

☆5位決定戦

 SK |1|4‖5
馬橋中央|6|×‖6

初回四球から相手バッテリーミスで1点先制。その裏こちらも四球、バッテリーミス連
発で6失点。2回表も四球、バッテリーミスなどで4得点も時間切れで敗退。なんとも
言えない試合。とにかくこの夏はしっかり自主練がんばろう!

☆2戦目

陣ヶ前|3|2|0|0‖5
SK |0|0|0|0‖0

1,2回とも連打などで5失点。ノーヒットノーランで敗退。全くもって必死さがない。1点
を軽く見ているようだ。1点を必死に守る気持ちを持とう。

☆1戦目

和名ヶ谷| 1|2‖ 3
SK   |10|×‖10

初回四球からバッテリーミスで失点。その裏ショウゴ、リュウノスケ、マイの長打など
で10得点。2回も四球からバッテリーミスで2失点もなんとか逃げ切り久々の勝利。


■松戸市中央大会予選

SK |0|0|0|1‖1
さつき|2|5|0|×‖7

1回表あっさり三者凡退。1回裏四球、バッテリーミスで2失点。2回表あっさり三者
凡退。2回裏連続四球からエラー、HRなどで5失点。3回表二死三塁のチャンスも無
得点。3回裏無失点でしのぎ、4回表二死二塁からショウゴの執念のヒットで1点返す。
しかし時間切れで敗退。みんなはこの敗戦をどう感じたかな?悔しいと思ったかな?夏
に努力した人は必ず秋に結果として現れる。その差は大きいぞ!悔しいと思った人はこ
の夏しっかり努力しよう! 


■第87回松戸市ジュニアリーグ南リーグ

☆5戦目(6月16日 上ニ小)

 SK  |0|0|0|0|0‖0
八ヶ崎新町|0|1|2|0|×‖3

初回三者凡退で切り抜けたが、2回1死3塁から悪送球で先制される。3回はヒットで出した
ランナーをまたもエラーで返してしまい、その後3塁打を打たれさらに追加点。打線は相
手投手の前に三振の山。11三振で敗退。結局4敗1分で1勝も出来ず予選敗退。惜しい試合
が続いているが、惜しい、いい試合で納得してはいけない。みんな間違いなく上手になっ
ている。気持ちを入れ替えて中央大会を全力で勝ちに行こう!

-----------------------------

☆4戦目(6月9日 八ニ小)

SK |0|0|3|0‖3
相模台|0|0|3|0‖3

3回リュウノスケのタイムリーなどで今大会初の先制点を奪う。しかしその裏ツーアウト
から連打で同点に追いつかれ、そのまま引き分けで終了。勝つことに慣れていないせいか
1度はリードするもののすぐに追いつかれる試合ばかり。気持ちを入れて最終戦は絶対に
勝つぞ!

☆3戦目(6月9日 八ニ小)

南花島|3|0|2|1‖6
SK |0|0|0|0‖0

初回1点先制された後二死ランナー無しからエラーでもう2点追加される。3回はソロHR
で1点取られた後またしてもエラーでもう1点追加。4回もエラーで1点追加。どれだけ投手
が踏ん張っても6エラーでは勝てない。まだまだチームとして戦えていない。

-----------------------------

☆2戦目(6月2日 上ニ小)

SK |0|5‖5
陣ヶ前|3|10‖13

2戦目も初回に3点先制された直後の2回。相手投手の乱れもあり同点に追いつき、さら
に2,3塁からリュウノスケの3塁打で2点勝ち越し。しかしその裏53越えHRもあり
10失点で敗退。この試合は大人のしょうもない言い争いにより試合が一時中断したりと
子供達には可哀想な試合になってしまいました。本当に申し訳ない。

☆1戦目(6月2日 上ニ小)

SK |0|0|3‖3
清志町|1|1|2‖4

いよいよジュニア開幕。2点リードされて迎えた3回。アオトの四球を起点にチャンスを
つくりリュウノスケ、ワタルの連続タイムリーで逆転。しかしその裏守りの隙を突かれ逆
転され時間切れで試合終了。緊張からか指示する声が全く聞こえてない様子。初戦だから
仕方ない。徐々に慣れていこう。

■第62回古ヶ崎栄町リーグ春季大会 5月19日 旭町小

☆3戦目

南花島|1|0|1|10‖12
SK |0|1|6|0‖ 7

この試合は珍しく1点を争う展開に3回裏リュウノスケの満塁HR、マイの2ランHRで
一挙6点追加。時間的に最終回となる4回を5点リードで迎える。しかし4エラー、5安打
集中でなんと10失点。何人が悔しいと思ったのか。悔しいという気持ちがなければ成長
できない。チーム全員が絶対に勝つという思いを持たなければ勝てない。

☆2戦目

SK |0|1|1‖2
虹の街|2|3|×‖5

この試合は常に先手を奪われる厳しい展開に結局一度も追いつけず2敗目。ボールに向
かっていけない、集中できない。勝ちたい気持ちが全く見えない。

☆1戦目

  SK  |2|0|1‖3
ヤング古ヶニ|4|3|×‖7

リュウトの選手宣誓で幕を開けた春季古ヶ崎栄町リーグ。初戦はヤング・古ヶ二さん。
初回幸先良く2点先制するが、すぐに逆転される。3回にリュウノスケのHRで1点返すも
敗戦。やはりピンチが続くと声が出ない。いつも通り。

■第61回YS大会         4月15日 新松戸西小

☆2戦目

 SK|0|0|0‖ 0
松ケ丘|7|3|×‖10

2戦目は松ヶ丘さん。この試合もエラー絡みで失点を重ね、完全試合で敗退。2試合に先発
したマイはエラーによる失点が多くかわいそうだったが、エラーで簡単にペースを崩すよ
うだとまだまだエースとは言えない。練習あるのみ!がんばれ!

☆1戦目

SK|1|0|0‖1
秋山|4|4|×‖8

初回リュウノスケのHRで1点先制するもこの試合はエラーが続き8失点で敗退。しかしこの
試合ではマリの積極的な走塁など徐々に練習の成果も見られ少し安心。

■第72回旭学区大会        4月7日 旭町小

☆3位決定戦

 SK |0|0|0‖ 0
ヤングU|7|9|×‖16

3位決定戦はヤング・古ヶ二さん。好投手リイチローの前に三振の山。何もできず敗退。

☆2戦目

 SK|0|0‖ 0
虹の街|1|9‖10

2戦目は今季初対戦の虹の街さん。初回なんとか1失点で切り抜けるも、2回先発マイが
急に崩れその後登板したリコ、リュウトもピリッとせず大量失点で敗退。

☆1戦目

三村新町|1|0|0‖1
 SK |2|3|1‖6

初回1点先制されるもその裏リュウトのヒット等で逆転。その後もショウゴ、ルリ、リュ
ウノスケのヒット等で追加点を奪い、先発マイの好投も有り勝利。


■第2回山藤杯(小金新人戦)     3月21日 横須賀小

☆準決勝

ゆうかり|2|4|4‖10
 SK |0|0|2‖ 2

準決勝は練習試合で大差で負けているゆうかりさん。初回からHRなどで2点を先制され、
さらに1アウト1,2塁のピンチに強烈なファーストライナーをマリがジャンピング
キャッチ。そのままランナーへタッチし初のダブルプレー。しかしその後も失点を重ね
またも大敗。しかしこの大会は初物づくしで収穫の大きい大会となりました。  

☆2戦目

 SK|3|11‖14
清志町|1| 0 ‖ 1

この試合は初回から相手投手の乱調から順調に得点を重ね、最後はリュウノスケのHRで
14得点で快勝。八ヶ崎RWさんと2勝で並ぶも失点数の差でなんと奇跡の予選1位通過。

☆1戦目

 SK |3|1‖4
馬橋中央|2|0‖2

初回リュウトのホームスチール、リュウノスケのHRなどで幸先良く3点先制。しかしその
裏四球からHRを打たれすぐに2点を返される。さらに次の打者にもセンターオーバーを打
たれるが、練習もしていない中継プレイから最後はルリのストライク返球でホームタッチ
アウト。そしてなんとか逃げ切り念願の初勝利。しかしあの中継はすごかった。 

■第11回松ヶ丘大会     2月17日 松戸三中

☆2戦目

松ヶ丘|9|1|5‖15
 SK|1|0|0‖1

この試合も初回から守備の乱れで流れを持って行かれ9失点。その裏リュウノスケの
3塁打などで1点を奪うもその後も失点を重ね大敗。しかし2試合目は少し緊張もほぐれ
てきたのか、野手がマウンドに駆け寄り声をかける場面も。これは1試合の経験だけで
チームが成長した証です。今日負けた相手に必ずリベンジするぞ!やってやるぜ!

☆1戦目

 SK|0|0|3‖3
三ヶ月|8|1|×‖9

新チーム最初の大会。初戦は三ヶ月さん。初回2アウト1,2塁のチャンスを作るも
無得点。その裏四球や守備の乱れから8失点。2回も0アウト満塁から3者連続三振
とまたも無得点。その裏は1回途中から登板したリコが踏ん張り1失点で切り抜ける。
3回になんとか3点奪うも残念ながら敗北。みんなすごく緊張していました。



-------------------------------------------------------------------------


○● 平成30年度大会結果 キャプテン 山 口 慎 治 ●○

  ※大会結果:優勝10回、準優勝2回、3位1回

第74回 Kogasaki Cup(旧古南小大会)  3位
第13回青少年相談員大会       ☆優勝!
第43回北部小大会          ☆優勝!
第9回ファイヤー杯          ☆優勝!
第23回松戸市地区選抜大会       予選敗退
第3回U−10(4年生以下)大会    予選敗退
第11回古ヶ崎ドリーム杯       ☆優勝
第60回YS春季大会          予選敗退
平成30年度松戸市中央大会       5位
第86回松戸市ジュニアリーグ決勝T   5位
第71回旭学区大会          ☆優勝!
第86回松戸市ジュニアリーグ南リーグ  準優勝
第43回明第一地区大会        ☆優勝!
第61回古ヶ崎栄町リーグ秋季大会   ☆優勝!
第73回 Kogasaki Cup(旧古南小大会) ☆優勝!
平成30年度松戸市中央大会予選     出場権獲得(9年連続)
第85回松戸市ジュニアリーグ決勝T   5位
第85回松戸市ジュニアリーグ西リーグ  準優勝
第60回古ヶ崎栄町リーグ春季大会   ☆優勝!
第59回YS春季大会          準優勝
第70回旭学区大会          ☆優勝!
第10回松ヶ丘大会           準優勝



■第74回Kogasaki Cup  2月10日、11日 古ケ崎中

☆三位決定戦

 SK |2|0|4|3‖9
火の見下|1|0|1|0‖2

6年生のラストゲームとなる3位決定戦は火の見下さん。
6年生の数も多く好投手もいる素晴らしいチーム。
初回カズヒサ、カンタ、ナオキの3連打とテンショウの犠飛で先制。
良い形で先制するが、その裏、先発カズヒサがセンター前を打たれるが、
その打球をセンターが逸して1点返されてしまう。
しかし続く打席でノブスケはヒットを打ち、さらに2盗塁でしっかり取り返す。
3回にもカズヒサとカンタの連打とリュウノスケの3塁打で追加点。
4回の攻撃は思いが入っていたのかな。7人の6年生全員にもう1打席。
ということで次に繋げるぞと声を掛けると、シンジのセンター前、
カズヒサのレフト前、カンタは四球、ナオキ、テンショウは相手エラー、
なかなかヒットが出なかったハルカが三遊間へのヒット、
そして7人目のノブスケがナイスバッティングのセンターフライ。
みんなの思いがひとつになった素晴らしい攻撃で6年生最終戦勝利!


☆準決勝

 SK|0|0|0|0‖0
風の子|0|2|0|0‖2

6年生は今期何度も風の子さんにいじめられたこともあり、
この最後の大会でリベンジするのを目標に練習してきました。
そしてキャプテンシンジの素晴らしいクジ運で準決勝で対戦しました。
先発はカズヒサ。初回はお互い3者凡退で締まった展開になるも、
2回の裏に相手先頭の4番マナトに完璧なホームランを打たれる。
1アウト後テンショウに変わるが四球で出したランナーを暴投で返す。
この2点目の失点が痛かった。4回、先頭シンジが初めて出塁するも、
続く2,3,4番が連続三振。相手投手ダイトは小学生離れした豪速球が
コースに決まる素晴らしい内容でこの試合もノーヒット。
みんな打てなかったが思い切りの良いスイングは良かったぞ!
あ〜カゼノコハンパネー!こうなりゃ中学でリベンジだー!


☆2戦目

 SK |2|1|3‖6
和名ヶ谷|1|0|1‖2

次戦は速球投手のいる和名ヶ谷さんと対戦。初回5つの四球を選び2点先制。
しかしその裏先発テンショウも連続四球から→バッテリーミスで失点。
2回の攻撃も四球を選びチャンスを作るとカンタの内野ゴロの間に追加点。
3回も追加点を奪うが結局ノーヒットでの得点。相手は1安打でヒット数は負け。
アウトはカンタの内野ゴロ以外すべて三振となかなか速球に当てられない。
しかしこの試合もテンショウ、カズヒサ二人で投げきり決勝トーナメント進出。


☆1戦目

 SK|3|2|0|2‖7
虹の街|0|0|0|0‖0

6年生最後の大会となる大会は前日からの雪との戦いからスタート。
急遽予選を1日目に、準決勝以降を翌日に行うスケジュールになりました。
初戦は虹の街さん。初回カズヒサがセンターオーバーの先制ホームランを放つ。
さらに右打席のテンショウのセンター前タイムリーで計3点を奪う。
2回はリュウノスケのホームランとカンタ、カズヒサ、ナオキの3連打で追加点。
投げてはカズヒサ→テンショウの完封リレーで初戦勝利。



■第13回青少年相談員大会     1月27日  古ケ崎小


☆決勝

 SK|1|0|3|4|0‖8
南花島|0|0|1|0|0‖1

決勝は先週引き分けた南花島さん。今回はリュウノスケ、カンタ、ナオキの3本
のHRもあり8得点。そのリードを先発カズヒサがHR1本打たれるも最後まで守り
切り勝利。この試合は1回裏先頭打者四球で出したランナーの盗塁をシンジが刺
したことが最大のポイントとなりました。


☆準決勝

 SK|2|6|0‖8
古ヶニ|0|0|4‖4

初回ナオキ、シンジの連続タイムリーで2点先制。その裏先発テンショウが3者
三振でいい流れを崩さず2回はカンタ、シンジのHRなどで6点を奪う。その裏も
変わったマイが三者凡退とこれまたいい流れをキープ。3回裏3ヒット、2エラー
で4点を返されるもなんとか逃げ切り勝利。この試合はテンショウ、マイが流れを
相手に渡さなかったことが一番の勝因となりました。


☆1回戦

SK|0|1|5‖6
 寿|1|2|0‖3

初回三者凡退で無得点。その裏先発リコは簡単に2アウトをとるもエラーから
ノーヒットで先制点を奪われる。2回先頭のナオキがヒットで出塁し相手ミス
もあり同点に追いつく。しかしその裏またしてもエラーがらみで2点を失う。
時間的に3回が最終回。相手ミスもあり同点になり2アウト3塁からシンジの
タイムリーで逆転、さらに続くワタルが右中間へHRでこの回5点。最後はカズ
ヒサが締めてなんとか勝利。この試合は初先発のリコがしっかり試合を作った
結果、最終回の逆転劇に繋がりました。



■第43回北部小大会


☆2戦目

古ヶニ|0|0|0|0‖0
SK |3|3|2|1‖9

この試合の先発はカズヒサ。1試合目に投げられなかった鬱憤を晴らすか
のようなピッチングでほぼ完璧。さらに打者としても2本の三塁打を放つ
など大活躍で勝利に貢献。1勝1分で南花島さんと並んだが得失点差で優勝
となりました。


☆1戦目

SK |0|0|0|1|0‖1
南花島|1|0|0|0|0‖1

先発テンショウは先頭打者初球を脇腹への死球。相手打者はうずくまり
なかなか起き上がれなかったが、なんとか一塁へ。これで動揺したのか
続く打者の送りバントを一塁へ悪送球で無死2,3塁のピンチ。しかし3,4
番を連続三振にとり次打者もツーストライクと追い込むもそこで一瞬の
隙をつかれホームスチールで先制されてしまう。攻撃もチャンスはつくる
ものの得点に結びつかない。4回シンジのHRでようやく同点に追いつくも
そのまま引き分けで試合終了。死球で出たランナーがホームスチールを
決めるなど主催チームである南花島さんの勝利への執念に圧倒された試合
でした。子供達も少しはそういった気持ちの部分を感じられたかな?



■第9回ファイヤー杯(初参加)       1/14 六実二小


☆決勝
 
SK |0|0|2|2|0‖4
小金北|0|0|0|0|0‖0

この試合も先発テンショウは珍しく初回からエンジン全開で4回途中まで
パーフェクトピッチング。なかなか得点できなかったが3回新キャプテン
のリュウノスケがHRを放ち2点先制。4回にも2点追加し、最後はカズヒサ
がきっちり締めて勝利。シンジ世代8冠目。


☆準決勝
 
 SK |0|0|0|3|0‖3
火の見下|0|0|0|0|0‖0

この試合は先発テンショウが珍しく立ち上がりからエンジン全開。しかし
相手好投手の前になかなか得点を奪えず完全な投手戦に。3回にシンジの
タイムリーで待望の先制点。その後またしてもカンタの特大HRが飛び出し
この回3点。そのまま逃げ切り勝利。


☆2戦目
 
SK |8|0‖8
ヤング|2|2‖4

トーナメント初戦の相手はヤングさん。初回カンタの特大満塁HRなどで
8点奪うがその裏すぐさま2点を返される。さらに2回は1アウト満塁のチャ
ンスにマリがいい当たりを放つもファーストライナーでゲッツーと追加点
奪えず。しかしその裏途中から登板したマイが2点失うもなんとか逃げ切り
勝利。この試合はマリの積極的な打撃、アオトのバントと大収穫。


☆1戦目(暫定順位決定戦)
 
SK |1|0|3‖4
こばと|7|1|2‖10

初回ナオキのHRで幸先良く先制するもその裏四球やミスが続き大量7失点。
3回にはカンタの特大HRなどで3点返すが残念ながら敗戦。この試合は途中
登板のリュウトが打たれはしたものの無四球とよく踏ん張りました。この
結果予選6位でトーナメントへ。



■第22回松戸市地区選抜大会     12/16 松戸一中


☆松戸西解散式

佐々木代表監督のもと約1ヶ月間1つのチームとなり練習してきました。
細かい技術を学んだり、女子中学生千葉県選抜チームと練習試合をしたり
とても貴重な1ヶ月間だったのでないでしょうか。
選手全員が発表した話の中で、多くの子がこの松戸西での活動をきっかけに、
中学校でもソフトボールをやりたい!と言ってくれて我々指導者としては
こんなに嬉しい言葉はなく古ヶニのM監督は目に涙を浮かべて・・・。
少しの間はライバルに戻るけど、中学でまた仲間として集まって、
今日負けた悔しさをぶつけてリベンジしてきて下さい。
佐々木監督、柴田ヘッド、北川事務局他松戸西スタッフの皆様お疲れ様でした。

☆2戦目

松戸西選抜|0|0|0|0‖0
松戸南選抜|1|2|2|2‖7

2戦目は松戸南さん。初回からアンラッキーなヒットも含め3連打を打たれ失点。
以降も完全に流れが相手に行ってる感じでエラーや暴投も出てしまいさらに失点。
打線もノーヒットに抑えられ残念ながら敗退。

☆1戦目

松戸西選抜|0|2|0|1‖3
馬橋西選抜|1|0|0|0‖1

今年も古ヶ崎二丁目さんと栄町西ヤングさんと合同で参加しました。
初戦は馬橋西さん、地区選抜大会はどこもレベルが高く紙一重の戦い。
初回無得点で終わるとその裏先発カズヒサが2アウトからHRを浴び
先制されてしまう。しかし次の回足を絡めて逆転すると、カンジのHRで
貴重な追加点。最後はテンショウが締めて初戦勝利。



■第3回U−10(4年生以下)大会  12/9  松戸五中


☆交流戦 

虹の街|0|1|4|3‖8
松戸西|0|1|1|0‖2

マリのホームラン、アオトのサード強襲ヒットなどで2点を奪うが、
先発マリがナイスピッチングもヒットやエラーで8失点で敗退。
敢闘賞はケンスケとマリ。2敗だったけどみんなよく頑張りました!


☆一回戦 

 松戸西 |0|0|0‖0
新町こばと|8|4|×‖12

好投手相手にケンスケのヒットなどでチャンスを作るも得点できず。
エラーやアンラッキーなヒットも重なりコールド負け。
2年後の地区選抜大会で絶対リベンシしてやろうぜ!



■第11回古ヶ崎ドリーム杯  12/2 古ヶ崎小


◎ゆうかりさん、秋山さん、ヤングさん、火の見下さん、三ケ月さん、
 そして校長先生、教頭先生をはじめ古ケ崎小学校の先生方、
 さらに古ヶ崎中ソフトボール部のみなさん、そして保護者、関係者の皆様。
 寒い中朝早くからご協力を頂きまして誠にありがとうございました。
 お陰様でホームの大会を無事終了することが出来ました。
 来年以降もより良い大会にしていきたく思いますので、
 今後共どうぞ宜しくお願い致します。
 下記、SKの試合結果と木村ヘッド(優勝監督)のコメントです。


☆決勝

 SK |3|2|7‖12
ゆうかり|1|0|0‖ 1

決勝はゆうかりさん。春YS大会以来の対戦。
初回、シンジがフォアボールで出塁し二塁まで進むと、
カンタが二塁打を放ち先制する。その後、カズヒサも
フォアボールで出塁。その後リュウノスケが
二点タイムリーを放ち追加点。
裏の守りは先発はカズヒサ。ヒット二本とWPで1点を失う。
次の攻撃、リュウトが相手エラーで出塁すると、
シンジのタイムリーで一点追加。さらに盗塁、ワイルドピッチで
さらに追加点をあげる。三回の攻撃。ナオキ、カズヒサがヒットで
出塁すると、リュウトのタイムリー、シンジ、テンショウ、
ナオキのタイムリーで更に追加点を上げる。
裏の守りでツーアウトからヒット、フォアボール、デッドボールで
満塁になるが次の打者を打ち取りゲームセット。
8安打、12得点で優勝!決勝になってやっと
バッティング練習効果がでた試合内容。この世代7冠目。


☆2戦目

SK |2|0|0|0‖2
三ケ月|1|0|0|0‖1

秋のジュニアでもなんとか勝った相手だったので
気合を入れて試合に望む。初回相手エラー等で二点を先制する。
先発はカズヒサ。
二者連続三振にとるが、三番にホームランを
打たれてしまう。お互いにそのまま試合は終了。
先発カズヒサはヒット2本、9奪三振。
なかなかバッティング練習の成果が未だでず。


☆1戦目

SK|0|1|1|2‖4
秋山|1|0|0|0‖1

まず今シーズン初となるシンジの選手宣誓!
始球式はA面は校長先生と教頭先生が交代で行い、
B面は6年生担任3名が行いました。
また、朝早くからクラスメイトが応援に来てくれました。
第一試合の秋山さんとの戦いは、さんざんやってきた
バッティング練習効果を期待しながら試合を行いました。
初回の攻撃はあっけなく無得点。先発はテンショウ。
裏の守りではひっとでランナーを出すと、盗塁、WP、PBで
あっさり先制されてしまう。二回の攻撃でワンアウトから
ノブスケがヒットで出塁するとハルカの進塁打で三塁に進み、
リュウノスケのタイムリーで同点に追いつく。
三回の攻撃でテンショウが内野安打で出塁すると
相手バッテリーエラーで逆転する。裏の守りではワンアウトから
デッドボールでランナーを出すとWPで三塁に進めてしまう。
たまらタイムをかけ選手を集めテンショウに交代を告げるが、
続投志願されその心意気にそのまま続投させ、後続を三振にとり
攻撃にリズムを与える。4回の攻撃でハルカが四球で出塁すると、
ワタルがしっかり送りバントを決め、リュウノスケが左中間に
完璧なホームラン!で2点追加。裏の守りでも後を引き継いだ
カズヒサが三者連続三振!初戦から、攻撃、守備に固さが
みられたがなんとか勝利。



■第60回YS春季大会   11/25  新松戸南・西小


☆2戦目

風の子|0|0|1|2‖3
SK |2|0|0|0‖2

同点でも予選突破という状況を作り最強メンバーの揃う風の子さんと対戦。
先発カズヒサは初回から切れのある速球がコースに決まりナイスピッチング。
先頭打者をエラーで出塁させるも3番打者のセンターへ抜けそうな打球を
カンタが見事に捕球しダブルプレー!この守備で攻撃の流れを掴む。
先頭シンジがヒットと盗塁でチャンスを作ると、ナオキが打った
レフトへの高い飛球を相手が捕球できず先制、さらに暴投2つで2点目。
3回表も先頭打者をエラーで出塁させると1アウトからタイムリーを打たれる。
2アウトまでとったところでピッチャーをテンショウに交代させると
続く3番の強打者を三振におさえ流れを渡さない。
相手投手も回を追うごとにキレが増し追加点が取れないでいると、
4回1アウトからヒットを打たれたところで、タイムをとってマウンドへ。
あとアウト2つ頑張って取ってこい!と激を入れるが直後に逆転弾を打たれる。
その裏最後まで絶対にあきらめないと先頭のカンタがヒットで出塁。
しかしその後が続かず3者三振で試合終了。2つのエラー以外は言う事なし。
SKらしい試合内容でみんな頑張ったな!負けたけどナイスゲーム!


☆1戦目

SK |10|3|5×‖18
南花島|2|0|× ‖ 2

9月末に予定されていた大会が雨で延びてこの日に開催となりました。
気温が低く肌寒かったですが60回記念Tシャツを着て開会式に参加。
そして初戦は南花島さんと対戦。初回シンジが先頭打者ホームラン。
さらにカンタ、ナオキ、ワタル、ノブスケ、テンショウのヒット等で10点を奪う。
先の試合で風の子さんと南花島さんの点差が12点だったため、
13点差以上をつけられるよう頑張るが、初回いきなり四球とエラーで2失点。
しかし2回、ナオキ、カズヒサの連続ホームランとリュウトの
タイムリーで3得点。さらに最終回ノブスケの満塁弾でコールド勝利。



■平成30年度松戸市中央大会  11/4  松戸南高校


☆準々決勝

SK |2|0|0|0‖2
風の子|3|4|0|×‖7

今期1勝4敗と大きく負け越している強豪チーム風の子さん。
初回シンジが死球、テンショウが四球、カンタの進塁打で
チャンスを作るとカズヒサのタイムリーで2点を先制。
しかしその裏、ホームランを含む3安打打たれて逆転される。
2回はハーフライナーをノーバウンドで捕っているのに
ショートバウンドという明らかな誤審をされ子供たちもガックリ。
そのまま気持ちを切り替えられず、次の球を被弾され今期最多の7失点。
大事な中央大会なのに審判のレベルが低くて子供が可哀想・・・。
とはいえ、風の子さんはみんなバットが振れていた。
また、次の大会でも対戦するので今度こそ倒してやろうぜ!
目標としていた大事な大会の試合がモヤモヤした展開になったこと、
頑張って練習していたのに勝たせてあげられなかったこと、ごめんな!




■第85回松戸市ジュニアリーグ決勝トーナメント 10/28 新西小


☆準々決勝

竜房台|2|0|0|0|0‖2
SK |0|0|0|0|0‖0

ジュニアリーグ制覇をスローガンに頑張ってきて予選を勝ち抜きました。
6年生の集大成となる秋季ジュニアリーグ決勝トーナメント。
初戦は千葉県大会優勝チームの竜房台さん。勝てばウチが千葉王者!と挑む。
先発はテンショウ。初回に安打、盗塁、振り逃げでいきなりピンチをむかえると、
続く力んだボールがワイルドピッチとなりあっという間に先制される。
さらに守備の送球ミスもありもう1点失ってしまう。
しかしこの大会前に色々な方の協力を得て剛速球対策をしてきただけに
絶対に打てる!逆転できる!と子供たちを奮い立たせるが、
良いあたりも相手守備正面だったりなかなか流れが来ない。
テンショウは回を追うごとにどんどん良くなり3回は3者連続三振も。
結局シングルヒット2本打たれるも無四球、7奪三振と最後まで投げきる。
最終回2アウト2,1塁のチャンスでキャプテンにまわるも得点できず敗退。
多くの子が涙を流していたね。この悔しい気持ちを絶対に忘れるなよ!



■第71回旭学区大会 10月21日 旭町小


☆決勝

SK |2|2|2|1‖7
虹の街|0|0|0|0‖0

決勝戦はジュニアリーグでも対戦した虹の街さん。対戦する度に強くなっているチーム。
初回、テンショウが11球粘って四球を選ぶと、続くカンタがここでもホームラン!
2回にはノブスケ四球、ハルカヒット、ワタル進塁打となるライトゴロでチャンスから
リュウトの内野ゴロの間に3点目。さらにシンジのヒットでもう1点追加する。
3回にもハルカとワタルの連続センター前タイムリーで追加点。
4回はシンジの2ベース後にカズヒサのタイムリーで毎回得点となる。
投げてはカズヒサが3回、テンショウ1回をしっかり押えて完封リレー。
2人のピッチングだけでなく打線も上がってきているので今後に期待です!


☆準決勝

SK |5|0|0‖5
ヤング|0|0|0‖0

初回シンジ、テンショウが連続四球を選ぶと続くカンタが3ランホームラン!
その後もカズヒサのヒットなどでさらに2点を追加する。
投げては先発カズヒサが初回にリズムをつくると、その後代わったマイが
2イニングを無安打4奪三振というナイスピッチングを披露。
永遠のライバルヤングさんを倒して決勝戦進出。


☆初戦

SK|8|7‖15
寿 |0|0‖0

初回2アウトからカズヒサ、ノブスケ、ハルカ、ワタル、リュウトと連打で4得点。
さらに満塁でシンジがホームラン!これで初回8得点とリードする。
2回には先頭のショウゴが四球を選ぶと続くナオキがホームラン!
さらに、ノブスケ、ハルカ、ワタル、リュウト、ルリにもヒットが出て計15得点。
投げてはテンショウとリコが共に1イニングを無失点におさえて初戦突破。




■第86回ジュニアリーグ南リーグ 


○南リーグ 1位:風の子さん 2:古ヶ崎SK


☆5戦目 10/9

SK |0|0|0|0|0‖0
風の子|3|0|0|0|×‖3

最終戦はこれまで1勝3敗と負け越している風の子さん。
初回シンジがサードエラーで出塁→暴投2つで3塁まで進むがあと1本が出ず。
その裏、1アウトから内野安打と四球で2塁1塁とピンチをむかえると、
続く打者の(当たりも良かったが)センターフライを落球してしまい2点、
さらに送球がそれる間にバッターランナーもホームインとまたもミスで失点。
2回ナオキ、ノブスケ、ワタルが連続で四球を選びノーアウト満塁のチャンス!
しかし、三振、内野フライで2アウト。続くシンジは豪速球を真芯でとらえるが
相手ショートのファインプレーで無得点。その後は投手戦で進んで最終回も2アウト。
しかし、シンジがレフト前、テンショウが気迫のヘッドスライディングで内野安打と
意地を見せるがあと1本が出ず敗退。以前より力の差を感じなかっただけに悔しい。
決勝トーナメントで絶対リベンジするぞ!


☆4戦目 10/9

こばと|2|0|0|0|0‖2
SK |1|0|1|0|1‖3

先発はテンショウ。初回セカンドエラーと四球でランナーをためると、
続く打者のバント処理が悪送球となりノーヒットで2点を奪われる。
その裏シンジ、カンタのヒットでチャンスを作り、カズヒサの内野ゴロで1点。
3回にはシンジが四球と盗塁から、カンタのセンター前で同点に追いつく。
テンショウは尻上がりでどんどん良い投球となり流れをつかむと、
5回先頭のシンジが2ベースヒットでサヨナラのチャンス。
その後2アウト3塁となりカズヒサが左中間にサヨナラヒットを放ち勝利!
テンショウは被安打0、与四球1、11奪三振と好投も
四球と2エラーが連続で絡み厳しい展開になったがよく逆転してくれた!
これで決勝トーナメント進出決定。


☆3戦目 10/8

SK |0|0|1|1|0‖2
虹の街|0|0|0|0|0‖0

初回はお互い3者凡退と投手戦でしまった展開でスタートする。
2回にカズヒサ、ナオキ、ノブスケの3連打でノーアウト満塁のチャンス。
しかし・・・その後、三振→三振→1ゴロとなんと無得点。
流れが変わるかと思いきや、その裏テンショウは3者三振とナイスピッチング。
続く3回2アウトからカンタが左中間に2ベース、カズヒサが内野エラーで出塁し
チャンスをつくると、ナオキがライトへタイムリーを放ち待望の先制点をうばう。
更に4回にはリュウノスケがエラーで出塁→ワタルが初球をきっちり送ると、
続くキャプテンのシンジが期待に答え右中間にタイムリー!
この試合のテンショウのボールはキレキレでナイスピッチング。
結局最後までパーフェクトでおさえ完全試合にて大事な試合を勝利!


☆2戦目 10/8

SK |3|0|0|0|0‖3
三ケ月|0|0|1|0|1‖2

初回、シンジの四球とテンショウヒットでチャンスをつくると、
相手投手の牽制が逸れて2点を先制。さらにカンタが四球→盗塁、
カズヒサの進塁打とナオキの犠牲フライでこの回3点を奪う。
その裏先頭打者に綺麗にヒットを打たれるがその後を3人でおさえる。
2回3回はヒットが出ず相手のペースで試合が進んでしまうと
その裏、先頭打者に死球を与えてしまうと2アウトから4番打者に
ヒットを打たれ1点を返される。4回にはノブスケ、5回にはシンジが
ヒットで出塁するも得点まで行かず、なにか嫌な雰囲気のまま5回裏へ。
先頭を振逃、次打者には死球、さらに暴投もありノーアウト3.2塁のピンチ。
続く打者のバントをナオキが体を捻らせてナイスキャッチ!更に三振で2アウト。
続く4番打者にセンター前を打たれるがノブスケのバックホームでタッチアウト。
これで試合終了。三ケ月さんの気迫が伝わってきたが、なんとか逃げ切り勝利。


☆1戦目 10/7

さつき|0|0|0|0‖0
SK |1|3|1|2‖7

初回シンジがヒットで出ると相手のエラーもあり先制する。
2回にはナオキ死球、ノブスケヒットでチャンスをつくると、
ハルカの遊ゴロの間に追加点。さらにテンショウにもタイムリー。
3回にはノブスケヒット→盗塁からハルカにタイムリー。
4回もシンジが2ベースで出ると、またもテンショウがタイムリー。
さらにカズヒサにもタイムリーがでるなど計8安打で4回コールド勝ち。
先発テンショウは与四球1のみのノーヒットノーラン達成。



■第43回明第一地区大会  9/23 旭町小


☆決勝

SK |1|0|2|0|4‖7
相模台|1|0|0|0|0‖1

決勝は明第一地区同士の相模台さん。今期2月以来2度目の対戦。
初回2アウトからカンタが完璧なホームランを放ち先制。
しかしその裏先頭マサキが打ったバウンドの高いセカンドゴロを
セカンドもライトも抜かれてすぐに同点に追いつかれてしまう。
しかし3回シンジがヒットで出ると、
カンタのタイムリー&カズヒサのタイムリー2ベースで勝ち越す。
5回にもテンショウのヒット等でチャンスをつくるとナオキがホームラン!
投げてはテンショウが被安打1,奪三振9のナイスピッチングで勝利。


☆準決勝

和名ヶ谷|0|0|0‖0
 SK |2|3|5‖10

準決勝は和名ヶ谷さん。春のジュニアリーグ以来の対戦。
先発テンショウが初回を3者連続三振で流れを掴むと、
その裏4つの四球と足を絡めた攻撃で2点を先制。
2回も同じように四球で出たランナーが足でかき回し3得点。
テンショウは3回をパーフェクト8奪三振のナイスピッチング。
3回もチャンスでカズヒサがヒットを放すなど計5点をとりコールド勝ち。

 
☆初戦

SK|0|0|0|3|2‖5
秋山|0|0|0|1|0‖1


初戦は三村新町さんが出場できなくなり秋山さんが緊急参加となりました。
3回までは投手戦になり締まった試合展開で進むが4回に試合が動く。
カンタ、ナオキの連続ヒット後にカズヒサが3ランホームラン!
その裏に秋山ヤマトのホームランで1点返されるも、
5回にリュウトがヒットで出ると続くシンジが2ランホームラン!
投げてはカズヒサが被安打2、奪三振7の力投で完投勝利。



■第61回古ヶ崎栄町リーグ秋季大会  9/9 旭町小


☆決勝  

虹の街|1|0|0|0|0‖1
SK |2|0|2|0|0‖4

決勝は虹の街さん。先発は3連投でテンショウ。
疲れもあったか、1アウト後四球を出すと、バント処理エラー後に
ヒットを打たれ先制されてしまう。しかしその裏相手投手も疲れがあり
先頭シンジが四球、テンショウ、カンタが進塁打で2アウト3塁から
ナオキが同点のタイムリー。カズヒサが故意四球でさらにチャンスから
続くノブスケが値千金のセンター前タイムリーを放ち逆転。
さらに3回には、カズヒサに2ランホームランが出て貴重な追加点を上げる。
投げてはテンショウが2回以降ノーヒットにおさえ完投勝利。
シンジ世代4度目となる優勝!もっと練習してもっともっと強くなろう!


☆準決勝 

小金北|0|0|0‖0
SK |4|1|0‖5

先発は連投でテンショウ。初回3者連続三振と素晴らしい立ち上がり。
その裏、相手エラーと四球を選び先制し更にチャンスでリュウノスケに
タイムリーヒットが出て計4得点。2回はシンジの完璧なホームランで追加点。
投げてはテンショウが3回を被安打0、8奪三振、与四球1のナイスピッチング。
その裏カズヒサの強烈なセンター前でチャンスを作るも時間切れで試合終了。


☆初戦

陣ヶ前|0|0|0|1‖1
SK |1|0|0|1‖2

雨で1週間伸びたことで南花島さんが参加できなくなり、
代わりに春のジュニア優勝チーム陣ヶ前さんに参加をいただきました。
先発はテンショウ。初回内野ゴロ3つでリズム良くおさえると
その裏、シンジが粘って四球、テンショウヒットでチャンスを作り
ナオキにタイムリーが出て先制。2回もテンショウは3人でおさえると
エラー、シンジ&テンショウの連打で満塁のチャンスもあと1本が出ない。
4回先頭の内野安打と送球ミス2つで同点に追いつかれる。
しかしその裏ワタルがヒットで出ると代走リュウトが盗塁、
シンジの進塁打後テンショウの内野安打でサヨナラ勝ち!ナイスゲーム!




■平成30年度 茨城ひたちなか合宿 1日目


8月25、26日の2日間で茨城ひたちなか市へ合宿に行ってきました。

 ☆寝食を共にし選手の絆を深め目標に向かってチーム一丸となる
 ☆社会のルール、マナーを守りその中で最大限に楽しむ
 ☆挨拶の再確認、徹底

今年も3つのテーマを掲げ、子供12名、大人10名で出発です。


○東石川スポーツ少年団さんと練習試合
  →今春,全国大会出場した強豪チーム

☆1試合目

SK |2|1|0|0|0‖3
東石川|0|0|0|0|0‖0

石川運動広場ソフトボール場という綺麗なグランドを借りて
春の全国大会に出場している東石川スポーツ少年団さんとの練習試合。
初回シンジが四球を選ぶとカンタが左中間へ先制の2ランホームラン。
2回はリュウトが振り逃げ、リュウノスケの進塁打でチャンスを作ると
相手にバッテリーミスが出て欲しかった3点目を追加する。
投げては先発テンショウが少し力が入り球数は多かったが、
キレは良く被安打1、13奪三振の内容で完封勝利。


☆2試合目

東石川|3|0|1|0|0‖4
SK |0|2|1|1|1‖5

先発はカズヒサ。2者連続三振を奪った後に四球を出すと、
内野安打に2連続エラーが出てしまい3点を奪われてしまう。
しかし2回カズヒサが四球を選ぶとテンショウがヒット。
ワタルの内野ゴロの間に1点、さらに暴投でもう1点返す。
3回に1点追加されるが、その裏リュウノスケのヒット、
シンジが進塁打で進めるとナオキにタイムリーが出て1点差。
4回はカズヒサにホームランが出て同点に追いつく。
カズヒサは粘りのピッチングで後半無失点におさえると
その裏シンジのヒット後にナオキが右中間へサヨナラヒット!


午後は合宿恒例のアメリカンノック。
脱落者もいましたがみんなヘトヘトになりながら頑張っていました。
暑い中よく頑張ったので氷菓子ハロハロ!(山本コーチ差し入れ)
そしてフリーバッティング、グランド整備後に宿へと向かいます。

16時民宿とびたさんに到着。早速4班に分かれてお風呂に入る。
18時夕食。お刺身、煮魚、唐揚げなどボリューム満点で
どれもとても美味しいお食事で子供も大人も大満足でしたが、
好き嫌いが多い子供が多くきれいに完食した子供は3名と少なめ。

19時15分ミーティング開始。
各々得意なところ、苦手なところ、今後練習したいリクエストを
発表してもらいました。雷で花火が出来なかったこともあり
ミーティング時間を延長。大人のアドバイスも熱くなり
休憩をはさみながらも2時間以上・・・。
良きアドバイスをもらいメモする子供も多くいました。

ミーティング終了後自由時間。
色んな話に花が咲いたのかな。
ここで1日目は終了。


■平成30年度 茨城ひたちなか合宿 2日目


6時起床。6時20分予定の時間に行くと既に全員が集まっていた。
みんなで阿字ヶ浦の海岸へ散歩へ。
そして恒例の海に受かってこの秋冬の目標を叫ばせました!
もちろん子供だけでなく大人も大声で叫びましたよ。
その後近くの神社に行き目標達成への祈願をし宿に戻ります。

7時15分朝食。焼魚、ハム、卵等定番の和朝食。
毎年思うのですが、とびたさんのごはんは本当に美味しい。
大人はほぼ全員が完食したものの子供の完食は3名。
やはり何か1品残っていたりする感じでした。
特別に30分の朝食時間を15分延長し更に数名がクリア。


○舟石川スポーツ少年団さんと練習試合
  →今夏、関東大会ベスト8の強豪チーム


☆1試合目

SK |1|1|0|0|0‖2
舟石川|0|0|0|2|1‖3


初回シンジは四球を選ぶと盗塁で2塁へ、続くリュウノスケの内野ゴロで3塁、
さらにカンタの内野ゴロの間にホームインしてノーヒットで先制。
2回はカズヒサが2塁打その後連続暴投で2点目。
さらに続くテンショウが内野安打、ノブスケが初球をきっちり送りバント。
すると相手のエラーもありノーアウト3塁2塁のチャンス。
しかし8番、9番が連続三振で2アウト。ここで点が取れなかったのが痛かった。
続くシンジは良い当りもライトライナーで3点目が取れない。
先発テンショウは球数は多いが3回まで被安打1、5奪三振と力投。
しかし4回にライトとサードの連続エラー、さらにパスボールにワイルドピッチ。
自滅で同点に追いつかれる。そして5回裏簡単に2アウトを取るも続く打者に
右中間にサヨナラホームランを打たれ敗退。連続エラーが出た理由を考えよう。


☆2試合目

舟石川|1|1|2|0‖4
SK |2|3|2|×‖7


2試合目はカズヒサが先発。初回いきなり2塁打を打たれると力みが出て
連続暴投で先制を許す。その裏シンジが死球で出るとカンタの進塁打後に
ナオキがタイムリー打ち同点。さらに守備のミスもあり逆転に成功する。
しかしピリッとしないカズヒサは2回に先頭を四球で出すと2アウト後に
連打を打たれ同点にされる。その裏先頭のマイが四球を選ぶと
ワタルの送りバントを相手が2塁へ送球するも暴投となり2点入り勝ち越し。
その後シンジが四球から盗塁等足で稼いで1点を追加する。
3点差になるがカズヒサは3回も3四球とピリっとせず2失点。
その裏テンショウが四球、ノブスケまたも初球送りバントを決めると
相手にミスが出てチャンスを広げるとリュウノスケのキャッチャーフライで
テンショウがタッチアップとナイスラン!さらにマイのバントでノブスケが
ホームインして2点追加する。カズヒサは最終回ようやく?エンジンがかかり
8球で3者凡退に押さえて辛くも勝利。

この日も暑い中2試合頑張りました、試合後連続エラーについて話をしましたが、
やはりチームワークが大事で、エラーした子にみんながどういう声かけをするか、
全員が声をかけているかなどを見直すよい練習試合となりました。


13時45分昼食。たくさん動いたらたくさん食べる。
すたみな太郎では焼肉、お寿司、お惣菜など食べ放題タイム。
後半はアイスクリームやクレープなど甘いものも食べてたね。
なぜか一番人気が「わたあめ」で一人で3回以上作って食べている子も。
お腹が一杯になったところでひたちなかを後にします。

15時20分友部サービスエリアでお土産購入タイム。
16時集合だったがその時間までに2名お土産が買えず、
コーチに注意される子も。時間を守ることの大事さを再確認しました。
そして17時30分頃古ヶ崎小学校へ到着。


◎統括

まず全国大会や関東大会出場の強豪チームと練習試合が出来た経験、
さらには3勝1敗で勝ち越せたことは自信にもつながりました。

時間を守るという点では、食事と最後のお土産購入の2度守れませんでした。
チームとして全員が同じ条件の中で過ごす事は大事なことです。
誰か一人でも守れないと時間の守れないチームとして見られます。
自分中心ではなくチーム優先で考えられるようになりましょう。

ミーティングでは過去最長時間を費やしてコーチ陣から多くのアドバイスを
もらっており、今後言われたことを意識して練習出来るかが上達の鍵です。

チーム全員が同じ目標を持ち前に進んでいくこと、
みんなが励まし合いミスに負けない雰囲気を作ること。
全員が1点を取ることを喜び、1点を失うことを悔しく思うこと。
チーム一丸という意味を色々と話ができた合宿でした。

夜に雷がなり花火が出来なかったのは残念ですが、
それ以外の天気が良かったのが一番良かったです。
練習試合を快くお受け頂いた東石川さん、舟石川さん、
美味しいお食事他色々とお世話になった旅館とびたの女将さん。
その他差し入れをいただきましたコーチ・保護者の皆様、
合宿にご理解をいただきました保護者・すべての方に
感謝申し上げます。どうもありがとうございました!

古ヶ崎SKソフトボール 監督 村上 典弘


 

■第73回 Kogasaki Cup(旧古南小大会)2日目


☆準決勝

SK |0|0|0|3‖3
風の子|0|0|2|0‖2

松ヶ丘大会、YS大会、そしてジュニア西リーグでの準優勝は
すべて最後に風の子さんに敗れており今度こそ!と強い気持ちで挑む。
初回シンジが右中間へ2ベースを放つも後が続かず無得点。
2回、3回もヒットが打てず流れをつかめずにいると、
ここまでノーヒットと好投を続けていた先発テンショウが
3回裏2アウトからホームランを打たれ先制されてしまう。
さらに、エラーと暴投でピンチをまねくとタイムリーを打たれ2点目。
しかし4回勝ちたい気持ちをぶつけてこい!と強い言葉をかけると、
ノーヒットながらもなんとか食らいついて流れを掴み逆転に成功。
最終回も2アウトからエラーとヒットでピンチになるも、
最後はホームランを打たれた好打者を打ち取りゲームセット!
泥臭い勝ち方だったが緊張感のある良い試合でした。ナイスゲーム!


☆決勝

SK |0|0|0|2‖2
陣ヶ前|0|0|0|0‖0

ジュニア王者陣ヶ前さんと決勝。去年から公式戦で一度も勝ててなく、
お得意様!とまで呼ばれたチームに勝てるよう全力でぶつかる。
先発は連投でテンショウ。初回振り逃げで出したランナーを
暴投とライトゴロで3塁に進められると、力が入りまたも暴投。
しかしこれがホームタッチアウトで先制点を与えない。
そこからはお互い投手戦になるが4回2アウトから試合は動く。
シンジが粘って四球を選ぶと続くナオキの内野ゴロエラーで1,3塁。
初球後に盗塁を警戒した捕手がセカンドカットへ送球するが
このプレーが乱れシンジがホームインし先制。さらに続くカズヒサが
値千金のタイムリー2ベースを放ち2点目。この2点目が大きかった。
最終回も四球、エラー等満塁のピンチをまねくがテンショウの力投で
最後の打者を三振に抑え勝利!被安打0、9奪三振のナイスピッチング。
陣ヶ前さんに新ユニフォーム初黒星を付けお得意様返上。
今期勝てていなかった強豪2チームを下し価値ある優勝!
今年のSKはまだまだ強くなるぞ!秋以降の大会に向けて練習だー!



■第73回 Kogasaki Cup(旧古南小大会)


☆1戦目

SK|5|3|1‖9
 寿|0|2|0‖2

古南小での開催が難しくなり、今年から古ケ崎小と古ケ崎中の2箇所で
試合数を増やした形での大会に変更することになりました。
初戦は寿さん。初回、3四死球とカズヒサのヒットなどで5点を先制。
2回には4番ナオキのホームラン等で追加点をあげる。
先発はカズヒサ。キレもスピードも良く8つの三振を奪うも、
5四球と制球に苦しみノーヒットで2失点。
練習では良いところにバンバン投げるんだけどなぁ・・・。


☆2戦目

火の見下|0|0|0|0|0‖0
 SK |0|4|0|0|×‖4

2戦目は火の見下さん。この大会ではここ数年必ず当たっているチーム。
2回にカズヒサ、ハルカ、リュウノスケ、リュウトのヒット等で4点をとる。
この試合の先発はテンショウ。なんと15のアウト全て三振に抑える。
5回2アウトまで全アウト三振の完全試合だったが内野安打を打たれる。
テンショウは最後までキレ、コントロールもよくナイスピッチング。
熱中症対策として2日に分けて共に午前中開催としました。
準決勝以降は8月5日に開催。強豪チーム相手だが絶対勝つぞ!



■平成30年度松戸市中央大会予選 


☆1戦目

こばと|1|0|0|1‖2
 SK|2|3|0|×‖5

初戦はジュニアリーグでも1点差の接戦だったこばとさんと対戦。
先発はテンショウ。初回先頭を四球で出すとバントエンドラン、
さらにタイムリーを打たれ先制されてしまう。
その裏カンタが四球を選ぶと、テンショウにヒットエンドラン。
内野ゴロの間にカンタは3塁狙うもタッチアウトでWプレー。
嫌な雰囲気ではあったが、続くシンジがセンター前ヒット、
そしてナオキもセンター前に抜けそうな打球がセカンドのグラブに当たり
そのまま左中間へ転がりラッキーなホームランで逆転。
2回にもリュウトとテンショウの内野安打等で3得点。
投げてはテンショウが8奪三振も我慢のピッチングで完投勝利。


☆2戦目

SK |8|5|0‖13
わかば|0|0|0‖ 0

初回リュウトとテンショウのヒットと4四球、2死球で8得点。
2回にはナオキ、ハルカのヒットとリュウノスケのホームランで追加点。
投げては先発カズヒサがキレッキレの素晴らしいピッチング。
無四球でポテンヒット1本に抑えアウトはすべて三振。
文句なしの内容で完封勝利。


☆3戦目

SK|1|0|4|0|2‖7
高柳|0|0|0|0|0‖0

この試合に勝利すれば出場権が得られる大事な試合。
14時前の試合開始で気温もピークのなか子供達が頑張りました。
この試合も初回2アウトからシンジがヒットと盗塁でチャンスをつくると、
ナオキが良いあたりのレフトライナーを相手が落球し先制する。
3回にもリュウトのヒット後、カンタ、テンショウが四球を選び満塁。
続くシンジとナオキに連続タイムリーが出て4点追加する。
5回にカンタとシンジにホームランが飛び出しダメ押し。
投げては、テンショウがこちらもキレッキレのピッチング。
被安打1、無四球、9奪三振の完封勝利。ナイスゲーム!

※9年連続中央大会出場権獲得!



■第85回松戸市ジュニアリーグ決勝トーナメント 新松戸西小


☆準々決勝

竜房台|2|0|2|0‖4
SK |0|0|0|0‖0

6年ぶり春の決勝トーナメント初戦は松戸NO1豪速球投手の竜房台さん。
小雨が残りグランドも泥濘んでいる状態での試合となりました。
初回、緊張と雨の影響もあったか、先発テンショウは先頭打者を四球、
そしてパスボール、ワイルドピッチで簡単に1点を与えてしまう。
さらに2個目の四球→盗塁の送球がそれて2点目。完全にミスでの失点。
3回にも2つの四球とワイルドピッチ、さらに内野安打で2失点。
攻撃も豪腕投手相手に毎回3塁まで進めるもなかなか得点できない。
そして3回裏、先頭のリュウトが四球を選ぶと続くカンタがレフトオーバー!
しかしリュウトが3塁でタッチアウト。(私には完全にセーフに見えたが…)
これ以外にも、ファールがフェアになったり、プレート踏んでサイン見るな!
と訳のわからん注意を受けたり、色々と不運な誤審が多く、
かなりモヤモヤが残る試合でした。正直こういう事は書きたくないが
決勝トーナメントという舞台なので、子供達のためにももう少し
正しいジャッジが出来る方にお願いしたい。(素晴らしい審判もいるので)

悔しい気持ちを忘れずに練習あるのみ!秋で絶対リベンジしような。

☆優勝→陣ヶ前さん、準優勝→竜房台さん




■第85回松戸市ジュニアリーグ 西リーグB   柿ノ木台小、南部小


☆1戦目

SK |0|3|1|1|0‖5
松ヶ丘|0|0|1|0|0‖1

3勝すればリーグ優勝、2勝で決勝進出、1勝以下は予選敗退という
緊張感のある1日3試合の初戦は松ヶ丘さん。
初回3者凡退におさえられ嫌な流れも、その裏こちらも3者凡退に抑える。
すると2回ナオキ、ノブスケのヒットと相手ミスもあり3点先制。
3回にもシンジ四球→ナオキのタイムリー2塁打で追加点。
その裏2つのエラーが絡み失点するも、4回テンショウにタイムリー。
ナオキはこの試合3安打猛打賞!投げてはテンショウが9奪三振で完投勝利。


☆2戦目

和名ヶ谷|0|0|0|0‖0
 SK |6|0|1|×‖7

2戦目は和名ヶ谷さん。勝利すれば決勝トーナメント進出が決まる試合。
初回テンショウのタイムリーで先制するとその後も追加点をあげ6得点。
投げてはテンショウとカズヒサが2回ずつ登板するも共にナイスピッチング。
全打者を三振におさえ12奪三振で4回コールド勝利。
これで春のジュニアリーグは6年ぶりの決勝トーナメント進出決定。


☆3戦目

風の子|0|0|3|0|0‖3
SK |0|0|0|0|0‖0

最終戦は勝ったほうがリーグ優勝、そして県大会の権利を得る大事な試合。
今期の大会はすべて決勝で風の子さんに敗れており、3度目の正直で挑戦する。
2回まで先発テンショウが無失点に抑えるも、こちらも相手好投手の前に出塁できない。
すると3回にエラーとヒットでノーアウト2・3塁のピンチを招くが、
シンジがサードに牽制しアウトをとる。さらに次打者を三振におさえる。
流れがこっちに来たかと思ったが、内野安打を打たれ先制されてしまう。
さらに53mを超える完璧なホームランを打たれこの回3失点。
最後まで諦めないで攻めるもシンジとノブスケのヒット2本におさえられ敗退。
残念ながら県大会出場は出来ませんでしたが手応えを感じた良い試合でした。

※西リーグ準優勝で決勝トーナメント進出!



■第85回松戸市ジュニアリーグ 西リーグA   馬橋北小


わかば| 0 |0‖ 0
SK |10|5‖15

初回、先発テンショウが3者三振を奪うと、その裏カンタ、シンジの3塁打、
さらにナオキ、カズヒサ、ノブスケ、ハルカ、リュウノスケ、テンショウにヒット
が出て10得点。テンショウは2回も3者三振とパ−フェクトピッチング
その裏リュウトにもヒットが出て先発全員安打でコールド勝利。ナイスゲーム。




■第60回古ヶ崎栄町リーグ春季大会


☆1戦目

 SK|10|0|2‖12
ヤング|1|0|0‖1

第60回の記念大会初戦はヤングさん。
初回カンタ、シンジ、リュウノスケ、カズヒサのヒットと
相手守備のミスもあり10得点をあげる。
その裏、先発カズヒサは連続三振からの連続四球でピンチを背負うと、
3盗への送球をサードが弾くエラーで1点を返される。
3回も追加点をあげコールド発進。


☆2戦目

 SK|2|3|0|0‖5
古ヶニ|0|0|0|0‖0

初回3四球と相手のエラーもあり2点を先制する。
続く2回にはリュウトの絶妙なバントヒットと
シンジのタイムリーヒットで3点を追加する。
投げてはテンショウが4回2アウトに四球を出すも、
10奪三振のノーヒットノーランとキレキレの投球で勝利。


☆3戦目

 SK|0|0|4|0‖4
虹の街|0|0|1|2‖3

3戦目は虹の街さんとここまで全勝チーム同士の対決。
3回満塁のチャンスをつくるとナオキがセンター前を放ち先制。
さらに、カズヒサが左中間へホームラン!これで4得点をあげる。
その裏、ショートのグラブに当たり方向が変わった打球をレフトが追いつけず
不運なホームランを浴びてしまうと、気温も上がり疲れの出てきた最終回に
連続四死球でピンチを背負うと暴投と内野エラーで1点差に迫られるが、
続く打者を気持ちで打ち取り3連勝。ナイスゲーム。


☆4戦目

 SK|5|3|0|0|1‖9
南花島|1|0|0|0|0‖1

初回テンショウ、ナオキ、カズヒサ、ノブスケ、リュウトのヒット等で5得点。
しかしその裏、暑い中の4試合目で集中力が切れたか、
先発カズヒサは先頭打者にヒットを打たれた後に暴投、送りバントで進塁を許すと、
今度はパスボールが出てしまい1点返される。
しかし2回カンタ、テンショウの連続ヒット後、シンジが3ランホームラン。
さらに5回にもこの試合3安打となるノブスケのヒット等で追加点。
投げてはカズヒサ、テンショウのリレーで勝利。シンジ世代2度目の優勝!!!



■第85回松戸市ジュニアリーグ 西リーグ@  柿ノ木台小


☆1戦目

 SK|0|0|2|0‖2
こばと|1|0|0|0‖1

ジュニアリーグの初戦は今期まだ一度も対戦の無いこばとさん。
初回シンジのライトフライでテンショウがタッチアップも
相手の好返球もありギリギリのところでタッチアウト。
このプレーで相手に流れが行ってしまいその裏に1点先制されてしまう。
しかし3回ノブスケが四球を選びリュウトが送ると、
続くカンタの内野安打でノブスケが2塁から一気にホームイン。
さらにカンタが相手のスキを突いたホームスチールで逆転。
投げては先発テンショウが小雨の降る中ナイスピッチングで勝利。


☆2戦目は1回を終わり5-0で勝っていながらも
 降雨コールドでノーゲームとなりました。




■第59回YS大会 4月22日 馬橋北小、新松戸西小


☆決勝

 SK|0|0|0|0‖0
風の子|1|2|0|2‖5

決勝はジュニアでも同じリーグの風の子さん。
初回カンタがこの日6個目となる四球を選び出塁するが、
その後連続三振と続かない。その裏テンショウは簡単に2アウトをとるが、
際どい球ではあったが3者連続四球をだし満塁のピンチをむかえてしまう。
すると次打者に追い込んでからヒットを打たれ先制されてしまう。
さらに続く満塁ピンチは三振で抑え最少失点におさえる。
反撃したい2回にノブスケが四球で出塁するも次打者がサインミスで三振ゲッツー。
これで流れが相手に行ってしまったか、その裏もアンラッキーなヒットもあり2失点。
結局最後まで流れに乗れず完敗。敢闘賞はカズヒサ、北森賞はテンショウが獲得。


☆準優勝

 SK|2|2|0|0‖4
松ヶ丘|0|0|0|2‖2

初回カンタが四球で出塁すると、シンジにタイムリーが出て先制。
2回には相手にミスが出て追加点を奪う。
先発はカズヒサ。最終回2アウトあと1球までノーヒットノーランも
最後に2個目の四球→本塁打を浴びる。ここが課題かな。
しかしこの日は球も走っており最後は三振でゲームセット。


☆2戦目

 SK |0|1|0|0|0‖1
ゆうかり|0|0|0|0|0‖0

投手戦で締まった試合展開となる。
2回カズヒサが出塁するとリュウノスケがきっちり送る。
その後相手にミスが出て1点先制。
投げてはテンショウがノーヒットノーランと
素晴らしいピッチングで勝利。


☆1戦目

和名ヶ谷| 1|0‖1
 SK |10|5‖15

初回先頭を四球で出すとエラーも絡み先制されてしまう。
しかしその裏、四球を多々選び出塁すると積極的な走塁も出て逆転。
テンショウ、カズヒサのリレーで初戦突破。



■第70回旭学区大会  4月1日 旭町小


☆決勝

 SK|3|5|3‖11
ヤング|0|0|0‖0

前回の旭学区大会と同じで決勝は永遠のライバル栄町西ヤングさん。
初回テンショウ四球、シンジがヒットでチャンスをつくると、
4番ナオキにタイムリー3塁打が出て先制する。
2回にまたもシンジ、ナオキがヒットで出塁すると、
今度はカズヒサにホームランが出て追加点!
投げてはテンショウが完全試合で投げきり今世代初優勝!


☆2戦目

 SK|4|3|2‖9
虹の街|0|1|0‖1

初回カンタがこの日4つ目の四球を選んで出塁すると、
ナオキがタイムリーを打ち先制、さらにハルカにもタイムリーが出る。
2回はテンショウがヒットで出るとシンジがホームラン。
3回にはワタルにもヒットが出るなど計7安打9得点。
先発カズヒサは球は良かったが4与四球&暴投での失点は課題。
打線の活躍もあり予選1位抜けで決勝進出!


☆1戦目

 SK|10|2|4‖16
古ヶニ|0|0|0‖ 0

初回シンジ、ナオキ、カズヒサ、リュウト、ノブスケにヒットが出て
計10得点と打線がつながる。2回3回にも追加点
シンジ、ナオキ、カズヒサのクリーンアップ3人は3安打猛打賞。
先発テンショウはランナーを出すも2つのWプレーも出て完封勝利。




■第10回松ヶ丘大会     松戸三中


☆決勝

風の子|1|0|0|3‖4
 SK|0|0|0|0‖0

決勝戦先発はカズヒサ。初回連打を浴びピンチを招くと
ここで痛恨のエラーが出て先制を許す。
4回もエラー絡みでランナーをためると3ランホームランを浴びる。
打線もテンショウのバントヒット1本のみ9三振と振るわず。
四球を多々選び2度も満塁のチャンスがあったが得点できず敗退。
敢闘賞はシンジ。新チーム初の大会は準優勝という結果となりました。


☆準決勝

 SK|2|3|0|2‖7
相模台|0|0|2|1‖3

初回テンショウノ内野安打と相手のミスもあり2点先制すると、
続く2回には2アウトから2四球後にシンジ、ナオキ、カズヒサの3連打、
4回にはまたもシンジ、ナオキに連打が出て追加点。
先発はテンショウ。9奪三振も4与四死球と課題が残る内容だったが完投勝利。


☆2戦目

 SK |1|0|5|4‖10
あじさい|1|0|1|0‖ 2

初回シンジのヒット後にナオキのタイムリー2塁打で先制するが、
その裏テンショウが先頭打者にに四球を与えてしまうと
盗塁、内野ゴロFCで同点に追いつかれてしまう。
しかし3回カンタのホームラン、テンショウ、カズヒサ、ワタルにも
ヒットが出て5得点。さらに4回にはナオキに満塁ホームラン。
テンショウは4与四死球と調子イマイチも6奪三振の力投で完投勝利。


☆1戦目

三ケ月|0|0|0‖ 0
 SK|3|0|8‖11

初回テンショウがヒットで出るとシンジが先制の2ランホームラン。
その後もカズヒサのヒットからハルカにタイムリーが出て追加点。
3回はノブスケの2塁打やシンジの2打席連続ホームラン等で追加点。
投げてはカズヒサが8奪三振のナイスピッチングで完封勝利。




○● 平成29年度キャプテン 柳 沢  滉 ●○


 ※大会結果:優勝5回、準優勝1回、3位4回

☆平成29年度公式戦結果

第2回U−10大会(松戸西合同)     3位 
第72回古南小大会            3位
第69回旭学区大会           ☆優勝!
第42回北部小大会           ☆優勝!
第22回松戸市地区選抜大会        予選敗退
第10回古ケ崎ドリーム杯        ☆優勝!
第84回松戸市ジュニアリーグ決勝TM   3位
第84回松戸市ジュニアリーグ東リーグ   リーグ優勝!
古ヶ崎栄町リーグ秋季大会          5位
平成29年度中央大会           ベスト8
第58回YS大会             予選敗退
松戸市中央大会予選            8年連続出場権獲得
第71回古南小大会            4位
第42回明第一地区大会         ☆優勝!
第83回松戸市ジュニアリーグ東リーグ   4位
平成29年度古ヶ崎栄町リーグ春季大会   3位
第57回YS春季大会            予選敗退
第68回旭学区大会           ☆優勝!
第1回山藤杯(小金新人戦)          準優勝
第9回松ヶ丘大会              3位



■卒団式             3月18日   北部会館

涙を流して喜んだ旭学区大会での初優勝、
負傷者も出た上にこの世代初のコールド負けを喫した春のジュニアリーグ、
素晴らしい試合をしながらも抽選で負けてしまい泣き崩れた中央大会。
今年も数多くの印象的な試合がありました。
6年生2人で優勝5回、準優勝1回、3位4回と
本当に素晴らしい成績を残してくれました。
共に頑張ってきた5年生達にバトンを渡し本日卒団となります。
滉は3年生から、花音は2年生から本当にお疲れ様でした。
中学に言ってもSKコーチ達にうるさく言われた事を忘れずに
目標に向かって精一杯頑張って下さい。
これからもずっとずっと応援しています。

滉、花音君たち2人は最高の6年生コンビだ!
たくさんの感動をありがとう!



■第2回U−10大会     横須賀小、新松戸西小


※ヤングさん、古ヶ崎二丁目さんと合同「松戸西」として参加。


☆準決勝

 松戸西  |1|0|0|0‖1    
ウイングスB|4|0|0|×‖4

時間の関係上、会場移動後すぐに準決勝が始まる。
初回リイチロウ、リュウトの連打で先制するも、
その裏に守備のミスが出てしまいすぐ逆転されてしまう。
その後は両チーム投手戦となり得点できずここで敗退。
たった2回しか合同練習できなかったけど良いチームだったね。
ヤングさん、古ヶニさんありがとうございました!


☆2戦目

松戸西|3|0|4|5‖12    
小金北|0|0|0|0‖ 0

初回リュ|0ウノスケのタイムリーで先制、アキにもタイムリーが出て3得点。
3回ワタル、コウスケがヒットで出るとユマがホームランを放ち追加点。
投げてはリイチロウが完璧なピッチングで内野安打1本のみの完封勝利。
なによりこの試合は全員が試合に出場できて本当に良い内容でした。

  
☆1戦目

三ケ月|1|4|0‖5
松戸西|2|1|3‖6 

先頭を三振に取るもヒット→死球→3四球で押出しで失点。
その裏、5三振も2つは振り逃げでバッテリーミスにより逆転する。
しかし2回、連続四球と連打も浴び4失点と再逆転を許す。
その裏リュウト、リイチロウのヒットで1点を返すと、
最終回に先頭のリュウノスケが流れを呼ぶホームランで1点差。
さらに、ワタル、アキ、ユズのヒットで満塁とすると、
リュウトがサヨナラヒット!大盛り上がりで初戦を制する。



■第72回古南小大会       2月11日   古ヶ崎中


☆3位決定戦

 SK |2|1|0|2|0‖5
火の見下|0|0|0|0|0‖0

6年生のアキラ、カノンと一緒に戦う最後の公式戦となるこの1戦。
初回カンタの今日2本目となる先頭打者ホームランで先制すると、
2塁打のアキラを新キャプテンになるシンジが返して追加点。
投げてはテンショウが内野安打1本におさえる完封勝利。
6年生最後の試合をSKらしい試合内容で勝利することが出来ました。


☆準決勝

 SK|0|0|0|0‖0
陣ヶ前|1|0|3|0‖4

今年一度も勝てていない陣ヶ前さんと準決勝で対戦。
ナオキとカズヒサにヒットが出るもこの2安打に抑えられてしまう。
逆に被安打7、与四死球3で4失点と今回も力及ばず敗退。
6年生の活躍でなんとか勝ちたかったが残念・・・。


☆1戦目

 SK|3|5|2‖10
ヤング|0|0|0‖ 0

初回2つの四球を選ぶとエラーとカズヒサのヒットで3点先制。
2回はカンタのホームラン、ノブスケにもタイムリーが出て追加点。
さらに3回、テンショウがヒットで出ると主砲アキラがホームラン!
投げてはテンショウ、カズヒサの完封リレーで勝利。



■第69回旭学区大会              古ヶ崎小


☆決勝

ヤング|1|0|0|0‖1
 SK|0|2|3|×‖5

決勝は永遠のライバルヤングさん。試合前から決勝で戦える喜びを感じる。
先発はテンショウ。初回先頭打者に四球を与えてしまうと、
送りバント→三盗→本盗とバッテリーのスキをつかれ先制される。
その裏の攻撃も3者凡退におさえられ完全に流れが行ってしまう。
しかし、2回表を3人でおさえ守備から流れをつかむと、
カノンが四球、テンショウが内野安打、リュウノスケも四球を選び、
満塁からカズヒサはショートゴロだが、相手にミスが出て逆転する。
3回にはアキラ、カノンの6年生コンビのヒットで追加点をあげる。
投げては四球でランナーは出すもののノーヒットに抑え今期5度目の優勝。



☆2戦目

 SK|10|0‖10
虹の街|0|2‖ 2

2戦目は5年生以下の新チームで参加している虹の街さんと対戦。
初回ナオキのヒット、アキラのホームラン、シンジのピッチャー強襲、
さらにカズヒサのホームランなど打線がつながり10得点。
先発はカズヒサ。初回は球も走っていて良い内容だったが、
2回に連打を打たれるとその二人のランナーを連続暴投で返してしまう。
しかしその後は3者連続三振と調子を取り戻し決勝進出。


☆1戦目

 SK|4|6|2‖12
古ヶニ|0|0|0‖ 0

本来参加するはずだった三村新町さんがインフルの影響で
子供が集まらず棄権ということで対戦相手が変更となり、
初戦の相手は古ヶ崎二丁目さんとなりました。
初回にアキラの満塁弾で先制。その後も追加点を重ね12得点。
投げてはテンショウ、カズヒサの完封リレーで勝利。



■第42回北部小大会              北部小


☆決勝

 SK|1|0|1|1|3‖6
南花島|1|0|0|0|0‖1

決勝は南花島さん。毎回接戦になる相手だけに再度気合を入れ直す。
初回カンタの2ベース等で先制するもエラー絡みですぐ追いつかれる。
3回シンジのタイムリー2塁打で勝ち越すと、
4回は代打のリュウトが三遊間を抜くヒット、
そしてカンタがこの試合2本目の2塁打を放ち貴重な追加点。
さらに5回には、アキラ、シンジ、カノンの3連打、
そしてカズヒサがきっちりバントを決めると、
続くテンショウにもタイムリーが出てといい形で追加点をとる。
投げてはテンショウが被安打1奪三振11のナイスピッチングで勝利。
アキラ・カノン世代4度目の優勝!ナイスゲーム。


☆1戦目

古ケニ|2|0|1 ‖3
 SK|6|4|0×‖10

今年最初の大会となる北部小大会。冬休みもあり約1ヶ月ぶりの試合。
初戦先発のカズヒサは初回ピリッとせず先頭打者に四球を与え、
さらに自らのエラーなどであっという間に2点先制されてしまう。
しかしその裏、ナオキ、カノン、リュウノスケ3人の2塁打などで
すぐに逆転。2回もアキラの2塁打、ハルカのタイムリー等で追加点。
3回変わったテンショウも立ち上がりが悪く、四球、ヒット、暴投で
1点返されてしまうが、その後は3者連続三振と調子を取り戻す。
その裏シンジにヒットが出て出塁するも時間切れで試合終了。




    ☆☆ 祝 習志野高校ソフトボール部全国大会出場 ☆☆

 11月12日 千葉県高校新人ソフトボール大会準決勝、決勝戦が行われ
 習志野高校が優勝しました。

 SK出身の鈴木菜月さん(遊撃手)、旭ソフト出身の佐々木明花さん(投手)が
 出場しました。

 準決勝の千経大附戦では、0−1で迎えた7回裏2死1塁から菜月が同点2塁打
 を放つとタイブレークの8回裏1死満塁で明花が犠牲フライを放ち地元古ヶ崎の選手
 の活躍で試合を決めました。
 決勝の千葉英和戦も延長8回タイブレークの大熱戦の末5−3で見事優勝を飾りました
 全国大会は来年3月岐阜県で開催されます、習志野高校選手の皆さん優勝目指し頑張っ
 てください!

 菜月、明花、全国で大暴れしてこいよ〜 応援してるぞ〜
 
 松戸でソフトボールをやっていた選手が全国大会に出場するなんて嬉しいですよね〜
 市立松戸高校も今年女子ソフトボール部が出来ました、数年後には松戸の子が市松で
 全国大会出場なんてなったらいいですよね〜 頑張れ松戸っ子!



■第22回松戸市地区選抜大会      12月10日 松戸南高


■2戦目

松戸西|2|0|1|0‖3
馬橋西|3|0|0|0‖3

続く相手はジュニア優勝チーム虹の街さんがいる馬橋西地区さん。
初回相手のミスと足を絡めた攻撃などで2点を先制するも、
すぐその裏に先発カズヒサが4安打を打たれ3失点と逆転される。
2回から復活したテンショウが好リリーフで流れをつかむ。
すると3回キャプテンのアキラがセンターオーバーに同点ホームラン。
アキラはこの日が誕生日のSK村上監督のために
バースディーアーチを打つという約束を果たしてくれました!
最終回お互い無得点で同点にて試合終了。敢闘賞はアキラとショウタ。
良い試合でしたが残念ながら準決勝進出とはなりませんでした。
ヤングさん、古ヶ二さんどうもありがとうございました!


■1戦目

小金北|4|1|2|0‖7
松戸西|0|0|0|0‖0

初戦は優勝候補の小金北地区選抜さん。
初回いきなり2本のホームランを浴び4失点。
しかし2回ノーアウトからショウタが出塁するもその後3連続三振。
4回も先頭アキラがヒットで出塁するも後続が続かず。
好投手相手にアキラとしんじの計2本のみで10三振を奪われる。
先発テンショウは3回打球を腹部に当てカズヒサに交代。
カズヒサが1本ヒットを打たれるもその後はパーフェクト。
しかし残念ながら反撃及ばず0−7で敗退。


◎今年も古ヶ崎二丁目さん、栄町西ヤングさんと合同の
 『松戸西』として参加させて頂きました。


 
■第10回古ヶ崎ドリーム杯      12月3日 古ケ崎小


◎大金平さん、ゆうかりさん、秋山さん、ヤングさん、六実ひまわりさん、
 そして校長先生をはじめ先生方、古ヶ崎中ソフト部、そして保護者、
 スタッフ関係者のみなさま、大変寒い中朝早くからご参加、
 ご協力頂きましてありがとうございました。
 来年以降もより良い大会にしていきたく思いますので、
 今後共どうぞ宜しくお願い致します。


☆決勝

大金平 |0|0|0|1|0‖1
SK |0|0|0|2|× ‖2

決勝は大金平さん。小金新人戦以来久しぶりの対戦。
両チームの投手が素晴らしく3回まで完全な投手戦になる。
4回テンショウは先頭を四球で出すと1アウト後にヒットを打たれ
3塁2塁のピンチを招く。そして続く打者の初球を暴投し均衡が破れる。
その裏、最後まで絶対あきらめるな!と檄を飛ばすと先頭のアキラ四球を選ぶ。
カノンの送りバントがFCになりチャンスが広がる。
するとノブスケへの7球目が暴投となり同点、さらにリュウノスケが
相手投手の速球をサードゴロエラーを誘い逆転に成功する。
最終回テンショウは先頭を四球で出塁されるが、後続を打ち取り勝利。
今期三度目の大会優勝はノーヒットで勝ち取りました。
MVPは2安打に2四球に送りバントもきっちり決めたカノン。
SKとしては今年最後の大会を優勝という最高の形で締めることが出来ました。


☆2戦目

ゆうかり|0|0|0‖0
 SK |1|0|5‖6

2戦目は今期大会では初対決となるゆうかりさん。
初回アキラ、シンジ、カノンの3連打で先制。
守備妨害の微妙なジャッジもあり嫌な雰囲気になるが、
3回にシンジのヒットなどで追加点を上げる。
投げてはテンショウが無四球での完封勝利。


☆1戦目

ひまわり|0|0|0‖0
 SK |5|3|×‖8

SKとしては今年最後の大会が主催の「古ケ崎ドリーム杯」。
初回カンタの先頭打者HRで先制。その後もアキラ、シンジ、カノン、カズヒサの
4連打などで追加点を上げる。投げてはテンショウとカズヒサの完封リレーで勝利。



■第84回松戸市ジュニアリーグ決勝トーナメント 11月26日 金ヶ作小


◎3位入賞!ジュニアリーグ11年ぶりのメダル獲得!


☆準決勝

SK |0|0|0|2‖2
三ケ月|1|0|3|0‖4

SKでは11年ぶりの決勝進出へ気合いを入れて臨む。
1回裏、1番打者にヒットを打たれると盗塁、パスボールで3塁へ。
2番打者を三振にするも3番打者にタイムリーを打たれ先制される。
3回、先頭を内野安打→FC(サードゴロをセカンド送球もセーフ)
3番打者は平凡なレフトフライに打ち取るも痛恨のエラーで追加点を奪われる。
さらに2アウトからセカンドゴロエラーで2点追加される。
声も出なくなったが、最後まで絶対に諦めるな!と気合いを入れ直すと、
4回アキラ、シンジ、カノンの3連打、そしてカズヒサがタイムリー2塁打。
2点を返し流れを引きつけるが、この後が続かない。
その裏2アウトを取るが、無情にも時間切れで5回の攻撃ができないまま終了。
何度も言ってきたが、大事な試合でこのようなエラーが出ると勝てない。
とはいえ、6年生2人で3位入賞はよく頑張りました!メダル良かったな!


☆準々決勝
             
秋山 |0|0|0|2|0‖2
SK |1|3|0|0|×‖4

まずは絶対に1勝するぞ!と目の前の試合だけに集中して臨む。
先発テンショウは先頭をデッドボールで出塁を許すが、
続く送りバントを5→4→1でWプレーを取り流れをつかむ。
するとその裏、先頭のカンタが四球を選ぶとすかさず盗塁。
暴投で3塁に進むとアキラの内野ゴロの間にホームインし先制。
続く2回は2アウトからノブスケが死球、リュウノスケが四球で出ると、
カンタのタイムリーで2点を追加。さらに盗塁で3塁まで進むと
バッテリーエラーで追加点。しかし3回、四球とエラーでのピンチに、
続く打者の右中間を抜けそうなヒットをカノンが追いつき、
カノン→シンジ→ナオキの中継プレーで3塁タッチアウトと
練習でもなかなか出来ない素晴らしいプレーが飛び出す。
テンショウは4回ヒット2本とエラーも絡み2失点するもその後を抑える。
最後は好打者相手に気持ちの入った速球で三振を奪いゲームセット。
ここ何年も勝てなかった決勝トーナメント初戦を勝利!ナイスゲーム!




■第84回松戸市ジュニアリーグ 11月11日柿の木台小 、12日八ヶ崎小


◎ 東リーグ優勝 古ヶ崎SK!

5勝1敗で陣ヶ前さんと並ぶもコールド数の差で1位になりました。
秋のジュニア1位通過は何年前だろうか・・・10年以上かな?
決勝トーナメントでは初優勝を目指し全力で頑張りましょう!


☆6戦目

 SK |8|0|5‖13
ひまわり|0|0|0‖0

初回カンタ、アキラ、シンジの3連打などで8点を先制すると、
3回にはアキラに待望のジュニア1号ホームランが出る。
アキラはこのジュニアリーグ通算で7割を超える打率を残す。
先発テンショウは四球1つ出すもののノーヒットに抑え完封。


☆5戦目
             
アベックス|0|0|0‖0
 SK  |7|9|×‖16 

初回アキラの2塁打で先制すると続くシンジにも2塁打、
さらにテンショウ、カンタにも連打が出るなど7得点。
2回にもアキラ、シンジに2塁打が出るなど9得点。
投げてはテンショウが危なげないピッチングで完封。



■平成29年度古ヶ崎栄町リー秋季大会 11月5日 旭町小


☆2戦目

SK|0|0|3|0‖3
南花島|1|0|0|0‖1

2戦目は南花島さん。今年は毎試合接戦となっている地元のライバルチーム。
初回連打を浴び先制されるもその後のピンチを乗りきり1点でとどまる。
すると3回、ノブスケが四球を選びカンタが送ると、ナオキにヒット、
さらに絶好調アキラにまたもホームランが出て逆転に成功する。
投げてはカズヒサが被安打5本、与四死球4とピリッとしない内容だが、
最後も満塁のピンチをおさえるなど粘りの投球で完投勝利。


☆1戦目

小金北|0|0|0|2|0|0‖2(抽選6)
SK|2|0|0|0|0|0‖2(抽選3)

監督が小学生の時は13チーム総当りで戦っていたこの古ヶ崎栄町リーグ。
今年は昨年に続き招待チーム含め8チームでのトーナメント戦となりました。
初戦は小金北さん。初回、ランナー2塁のピンチでレフト前を打たれるが、
レフトのノブスケがストライク返球でホームタッチアウト!これで流れに乗る。
その裏、カンタが四球を選ぶとアキラに完璧な2ランホームランが出て先制。
先発テンショウが粘りのピッチングを見せるが4回、死球と四球とダブルスチールで
ノーアウト3,2塁のピンチを招くと続くファーストフライを落球し同点に。
その後のピンチはなんとか乗り切るが、そのまま延長タイブレークへ。
しかしなかなか1点が遠く抽選となるがまたも3−6で敗戦。



■平成29年度松戸市少年少女のつどい中央大会 11月3日 金ヶ作公園


☆☆準々決勝☆☆
                   
SK|0|0|0|0|0|1|1‖2(抽選4)
八ヶ崎|0|0|0|0|0|1|1‖2(抽選5)


準々決勝はジュニアリーグでも対戦した八ヶ崎レッドウイングスさん。
この試合は完全に投手戦となり、5回まで0−0で延長タイブレークへ。
6回テンショウの絶妙なバントと相手の悪送球もあり1点先制するも、
その裏、内野ゴロでランナーが進むとスクイズで追いつかれてしまう。
7回はカノンが初球を1塁側へきっちり送りバントを決めると、
続くカズヒサの時にバッテリーエラーが出て1点勝ち越す。
しかしその裏、送りバントで3塁に進むと内野ゴロの間に追いつかれてしまう。
そして無情にも抽選となるが、わずかに運がなく残念ながら4−5で敗戦。
結局、先発テンショウは無安打無四死球の完璧なピッチングだったのに
勝たせてあげられなく申し訳ない。多くの子が涙してたね。
子供達はみんなよくがんばったぞ!ナイスゲーム。


☆1戦目
           
和名ヶ谷|0|0|0‖0
 SK |14|3|×‖17

松戸市の甲子園とも呼ばれる松戸市全40チーム頂点を目指すこの大会。
初戦は和名ヶ谷さんと対戦。初回カンタのヒット、アキラのホームランで先制。
さらにカノンにもヒット、そしてカズヒサは3塁打と打線もつながる。
この日スタメンのワタルにもヒットが飛び出し初回に14得点。
さらに2回にもアキラの2打席連続ホームランで追加点。
投げては先発カズヒサが被安打1、与四球1の内容で完封勝利。



■第84回松戸市ジュニアリーグ東リーグ 10月8日 八ヶ崎小、9日柿の木台小


☆4戦目
             
大畑 |0|0|0|0|0‖0
SK |2|3|0|0|0‖5

4戦目はお互い1敗同士で並ぶ大畑さんと大事な試合。
大畑さんとはここ数年ジュニアでは勝てていなく相性の悪いチーム。
しかし先発テンショウがわずか7球で3者凡退におさえる立ち上がり。
その裏先頭カンタが四球で出塁するも続く2人が連続三振で2アウト。
しかし4番シンジがレフトへホームラン!これで2点先制。
さらに2回にカズヒサ、ナオキのヒットなどで3点を追加する。
投げてはテンショウが四球1つ出すもノーヒットノーランで
大畑さんに久々の勝利。1敗を守る大きな1勝。ナイスゲーム!


☆3戦目
           
SK |0|0|0|0‖0
陣ヶ前|1|1|2|×‖4

3戦目は春のジュニアでも中央大会予選でも1点差負けを喫している陣ヶ前さん。
陣ヶ前HPでSKスタッフをネタに好き勝手に書かれており大人も負けじと戦う。
先発テンショウがピリッとせず初回に3四死球に安打も打たれ1点先制されると、
2回には2本の長打を打たれ追加点を奪われる。3回も四球、ヒット、エラーと
悪い流れのまま進んでしまう。しかし4回ナオキがエラーをさそい出塁すると、
続くアキラが三遊間にヒットでチャンスを作る。しかし後続が続かず万事休す。
目標とする決勝トーナメント進出へもう一つも落とせない状況となる。


☆2戦目
           
竜房台|1|0|0|0‖1
SK |5|0|1|5‖11

初回2アウトから三遊間をゴロで抜ける打球をなんとレフトがトンネル!
これで3塁打にされると続く打者にタイムリーを打たれ先制される。
しかしその裏、3四死球で満塁とすると、シンジがライトに犠牲フライ、
さらにカズヒサにセンター前タイムリーが出るなど5得点で逆転に成功。
3回にはアキラ、カノンの6年生コンビのヒットで追加点を上げると、
4回ノブスケのヒット、カンタが四球、そしてナオキにもヒットが出て満塁から
アキラが走者一掃の3塁打、さらにシンジがホームランを打ってコールド勝ち。


☆1戦目
           
SK |2|0|0|0‖2
八ヶ崎|0|0|0|0‖0

大事な大事な初戦は春の大会で決勝TMに進んでいる八ヶ崎新町さん。
なんとか初戦を勝利し波に乗りたいところ。初回ナオキが四球を選び、
続くアキラの2塁打でチャンスを作ると4番シンジが先制タイムリー!
さらにバッテリーミスで1点追加。この2点を先発テンショウが守りきる。
強力な八ヶ崎打線をノーヒットに抑えるナイスピッチング!
四球を2つ与えさらにエラーも2つが出てしまうがなんとか初戦勝利。



■第58回YS大会        10月1日 新松戸西小


☆特別競技

アキラが遠投部門(記録58.9m)で1位になりました。

☆2戦目
         
大畑 |3|0|2‖5
SK |1|1|0‖2

この試合も初回エラーと四球で満塁のピンチを背負うと、
続く打者にタイムリーを打たれ2点を先制される。
さらに守備のミスが続き初回3失点。
その裏ナオキ、アキラの連打等で1点を返し、
2回はハルカ、カノンのヒットとノブスケが四球を選び
ノーアウト満塁でカンタの遊ゴロエラーで1点を返すが後続が続かず。
その後も四球にエラーという失点パターンで追加点を奪われ敗退。
1勝1敗で3チームが並ぶも得失点差で準決勝進出ならず。


☆1戦目
         
風の子|1|0|0‖1
SK |0|2|×‖2

先発はテンショウ。初回先頭打者を歩かせると連続エラー後にタイムリーを打たれ
1点を奪われる。続く2回は三者凡退に抑えるとその裏カズヒサ、テンショウの
連打でチャンスを作ると相手バッテリーミス等で逆転に成功。
3回も先頭をエラーで出塁させるがなんとか抑えて勝利。


■平成29年度松戸市中央大会予選

☆2戦目
             
陣ヶ前|0|0|1|0|0‖1
SK |0|0|0|0|0‖0

この試合に勝てれば中央大会出場ということで気合いを入れて臨んだ試合は予想通り投手戦となる。先発テンショウは先頭打者に死球、さらに盗塁でいきなりピンチをまねくが後続打者3人を打ち取り無失点。2回も3人でピシャリと抑えるが、3回連続奪三振で2アウトからヒットを打たれるとその後なんと連続エラーが出てしまい1失点。5回は四球とエラーで満塁のピンチをむかえるが後続を打ち取る。絶対逆転するぞ!と臨むも相手投手のキレのある素晴らしいピッチングに手も足も出ず完全試合での敗退。しかし予選結果1勝1敗で3チームが並ぶも失点数が一番少なく第二代表獲得!これで8年連続中央大会出場決定!

☆1戦目
             
SK |5|0|1|6‖12
若竹 |0|0|0|1‖1

初回アキラの3塁打で先制すると、続くカノン、ナオキ、ノブスケの3連打で一挙5点を奪う。3回にもノブスケのタイムリーで1点追加、さらに4回はカンタがヒット、テンショウが四球を選ぶと続くアキラ、シンジに連続長打が飛び出すなど6点を追加。投げてはテンショウが切れのある投球で3回まではパーフェクト。4回先頭打者を四球で歩かせると2アウトからタイムリーを打たれ失点1。計10本と久々の2桁安打で勝利。



◎夏季茨城阿字ヶ浦合宿2017

 8月19、20日の2日間で茨城阿字ヶ浦合宿に行ってきました。

 ☆寝食を共にし選手の絆を深め目標に向かってチーム一丸となる
 ☆社会のルール、マナーを守りその中で最大限に楽しむ
 ☆挨拶の再確認、徹底

 今年も3つのテーマを掲げ、子供11名、大人9名で出発です。
 (内子供2名と大人1名は土曜日のみ参加)

◆1日目

 今年は、毎年試合をさせて頂いている五台さんと予定が合わず練習に変更。
 少しゆっくりめの8時に集合し多くのお見送りの中出発する。

 しかし事前に総監督義父の川崎様にご用意頂いたグランドが
 前日からの雨で使用できず、今年は観光するか?と話をしていたら、
 日頃の行いが良いのか、雨も止んで太陽が顔を出す天気に。

 そこで近くでグランドを探すと、またまた幸運なことに
 壮大な六ツ野グランドがとれる。
 ここで午前中はヘトヘトになるまでアメリカンノックと
 とにかく走らせる。

 昼食後は紅白戦。1試合目は子供VSコーチ陣、
 2試合目はコーチ子供混合チーム。
 子供はもちろん大人も楽しみながらも全力という試合を行いました。
 子供に良いところを見せようとハッスルする大人も。

 15時に片付け開始。ここでもトンボのかけ方を再指導。
 グランドを借りた状態より綺麗にして練習を終了。
 日帰り組のシンジ・ハルカとはここでお別れし宿へと向かいました。

 積込が終わり宿へと向かい車を走らせた途端に大雨という、
 まるでこちらの様子を見ていたかのようなタイミング。

 16時過ぎに宿「とらや」さんへ着くとまずは女将さんに挨拶。
 そして部屋に着くもすぐ子供9人全員で大浴場へ。

 17時から合宿恒例のミーティング。
 今年も自分の得意なところ、苦手なところ、やってみたい練習を発表。
 声が小さくオドオドしている子、堂々と話をする子と様々でしたが、
 コーチ陣から厳しくも的確なアドバイスをもらいメモをとる子も。
 今後に期待します。(特にキャプテンには全員からアドバイス)

 18時夕食。エビフライや煮魚など海の幸がメインの夕食。
 キャプテンアキラはご飯4杯!副キャプテンカズヒサは味噌汁6杯!
 と目立った子もいれば、完食できない子が4名と
 個人差がはっきりでていました。

 19時からミーティングの続きを行った後、
 20時に目の前の海岸へ行き花火!打ち上げ花火に興奮する子も。
 その後消灯までは自由時間。この時間が面白かったようです。
 この時間どんな話をしていたのか直接聞いてみて下さい。

 21時30分消灯


◆2日目

 6時起床、そして6時30分に集合し全員で宿近くの神社へ祈願に行く。
 その後も約30分ほど散歩し宿に戻る。

 7時30分朝食。やはりここでも美味しそうにおかわりをして食べる子と
 まったく箸が進まない子がいる。この後のトレーニング内容も考え、
 食事時間を伸ばして少しでも食べさせるも結局3人が完食できず。

 9時女将さんにお礼をしてお世話になったとらやさんを後にして、
 阿字ヶ浦海水浴場へ移動すると、とらやさん直営の海の家があり
 ここでもお世話になることに。
 トレーニング場所の用意をはじめ数多くのご厚意を受ける。

 そして10時から砂浜トレーニング開始。
 ダッシュなどみっちり走らされて泣いてしまう子もいました。

 そして、SKビーチブラック選手権2017も開催。
 熱戦の結果、テンショウが見事優勝!
 といったところで、恒例のかき氷タイム!

 その後も砂浜トレーニングは続き、12時お弁当の昼食、
 ここでも食事時間延長しても4名が完食できず。

 昼食後はお待ちかねの浅瀬での海水浴タイム。
 9名全員コーチに投げ飛ばされていました。
 さらに、波で海パンが脱げる子がいたり、膝上ほどの深さで
 溺れる子もでる面白ハプニングもありましたが、
 この時間が両日を通じて一番良い笑顔をしていました。

 14時日帰り温泉で体を綺麗にして15時出発。
 途中守谷SAで買い物タイムを入れて
 17時10分無事古ケ崎小へ到着しました。

☆合宿の総括

 とても良い合宿だったと思います。
 チームの絆を深める部分に関しては、車の配車も含め
 色々と考えましたがかなりプラスになったかと思います。

 集合時間について、2日目の朝食時、宿出発時、守谷SA時と
 3度も守れませんでした。時間を守るということは
 これから中学高校社会人になっても大事なことなので、
 しっかり反省させたいと思います。

 さらに忘れ物があったとの報告があり非常に残念です。
 自分のものは自分でしっかり管理できるようにしましょう。

 一番の課題は食事です。マナーを教えるのはもちろんですが、
 まずはしっかり朝食を食べさせる習慣をつけてください。
 さらに食事を当たり前のように残す子もいましたので、
 出来る限り残さないように保護者の方もご指導願います。

 なにより天気が良かったのが一番良かったです。
 美味しいお食事他色々とお世話になった旅館とらやの皆様、
 トレーニング場所や海の家をお貸し頂いた海の家トラヤの皆様、
 差し入れをいただきましたコーチ・保護者の皆様、
 合宿にご理解をいただきました保護者・すべての方に
 感謝申し上げます。どうもありがとうございました!

 古ヶ崎SKソフトボール 監督 村上 典弘



◎第71回古南小大会   7月23日  古ケ崎中

■3位決定戦
      
SK |0|0|1‖1
秋山 |0|7|0‖7

3位決定戦は古南小大会初参加の秋山さん。そして先発は3試合連続でテンショウ。
初回は3者凡退におさえるが、2回疲れが出始めたところを秋山さんの打線につかまる。
ホームランを含む4安打を打たれ、さらに2与四死球やエラーで7失点。
3回にカンタの内野安打からのアキラのタイムリーで1点を返すがその後続かず敗退。


■準決勝
             
 SK |0|0|0|1‖1
虹の街 |0|1|4|1‖6

この試合も先発はテンショウ。初回3エラーで満塁のピンチも内野ゴロ2つでピンチを防ぐ。しかし2回2アウトからヒットを打たれ、その打球を後ろに逸し、さらに送球も逸れそのままホームインと嫌な形で先制されてしまう。さらに3回には2本のホームランを含む5本のヒットを打たれ4失点。最終回にカンタのホームランで1点を返すが、相手投手の好投もあり反撃もそこまで。残念ながら決勝進出はならなかった。


■1回戦
            
ヤング|0|0|0‖0
 SK|2|4|1‖7

初回先発テンショウがリズムよく3者凡退でおさえると、
その裏、シンジのヒット、アキラの2ベース等で2点を先制。
2回にはまたもシンジにヒットそしてカンタにホームランが飛び出す等で追加点。
投げてはテンショウが与四球1のノーヒットノーラン達成。



◎第42回明第一地区大会   7月9日  旭町小


■決勝
      
 SK |0|0|5‖5
虹の街 |3|0|1‖4

今期公式戦1勝1敗の虹の街さんと決勝。明第一地区大会だけに馬橋地区の招待チームに優勝旗を渡さない!と強い気持ちで決勝に臨む。しかし初回3者凡退で終わるとその裏、4エラー(ノーヒット)で3点を献上。しかし最後まで諦めるなと檄を飛ばすと3回にノブスケ、カンタが出塁するとテンショウの内野安打で満塁。続くアキラには故意四球で1点をもらうと、4番シンジがセンター前に同点となる2点タイムリー!さらにカノンのライトゴロの間に逆転、さらにカズヒサの回転のかかった打球でエラーが出て1点を追加する。その裏、先頭の4番打者にホームランを打たれ1点差、更に死球、ヒット、ヒットとノーアウト満塁のピンチもセカンドゴロホームゲッツーとピッチャーゴロに抑え勝利。最後まで諦めない気持ちとベンチの応援の声も大きく皆で勝ち取った優勝。ナイスゲーム!


■準決勝

 
 SK |6|7‖13
ヤング |2|4‖ 6

初回カンタの先頭打者ホームラン、シンジのタイムリー等で先制。2回もアキラタイムリー等で追加点を上げる。先発テンショウは3試合目で疲れが出てきたのかエラーも絡んだが初回に2失点。そして2回はカズヒサが登板。1回を被安打2,与四球3で4失点。もっと堂々と投げてほしいな。気持ちの弱さを感じたがなんとか逃げ切り決勝進出。


■2回戦
    
南花島 |0|2|1‖3
SK |2|0|2‖4

先発アキラは初回1番、3番に四球を出し送りバントで2アウト3、2塁のピンチも、続く打者を三振に切って無失点におさえる。するとその裏、アキラが2点本塁打を放ち先制。しかし2回すぐに同点に追いつかれてしまうと3回守備のミスと暴投で勝ち越される。3回裏テンショウのラッキーなヒットに続き、アキラのショート強襲、カノンが四球を選び2アウト満塁でカズヒサが同点のタイムリーヒット!走塁妨害もあり嫌な雰囲気の中、ナオキのショートゴロを相手が焦りサヨナラ勝ち。今期二度目のサヨナラ勝利。


■1回戦
  
 寿 |0|0|0‖0
SK |5|0|1‖6

初回先発テンショウが3者連続三振の立ち上がりを見せると、
その裏シンジのホームランなどで5得点。3回にもシンジ、カノンの連打で追加点。
テンショウは3回9奪三振のノーヒットノーラン達成。


◎第83回松戸市ジュニアソフトボール東リーグ 6月25日 柿の木台小


相模台 |2|5|4‖11
 SK |0|0|0‖0

完全試合でのコールド負け。エラー7、与四死球5。
気迫も感じられず、声も出ず、負傷退場もあり、もう最低の試合。


◎第83回松戸市ジュニアソフトボール東リーグ 6月18日 柿の木台小

    
 SK |1|5|2|4‖12
さつき |0|0|0|2‖ 2

初回アキラとシンジの連続長打で先制。その後もアキラ、カノン、シンジに
タイムリーが出て追加点。そしてハルカに待望の初ヒットが出る!
先発テンショウは3回まで8奪三振のパーフェクトだったが最終回に2失点。
コールドで勝利するも、残念ながら決勝TMには進めなかった。



◎第83回松戸市ジュニアソフトボール東リーグ 6月11日 六実ニ小

             
 SK |1|0|0|0‖1
陣ヶ前 |0|2|0|✕‖2

初回カンタの痛烈なヒットで出塁、すかさず盗塁でチャンスを作ると、
相手のバッテリーエラーが出て先制。先発はアキラ。先頭打者に四球を出すも、
初回はなんとか守りきる。しかし2回も先頭を歩かせたところでテンショウに交代。
続く打者のバントをサードが完全に間に合わないタイミングなのに2塁へ送球、
さらにワイルドピッチにエラー等この試合も悪い部分が出て逆転を許す。
このような内容での失点で気持ちが沈み流れを呼び込めずそのまま終了。


 SK |2|0|0‖2
松ヶ丘 |3|1|4‖8

初回アキラの2塁打等で2点を先制しさらにチャンスを作るが後続が続かない。
その裏先発テンショウが先頭打者を含む2与四球に2安打を打たれ逆転を許す。
さらに2回裏には押出しで追加点を奪われ気持ちが切れてしまったか、
3回裏には打者5人に被安打4、与四球1と1アウトも取れず時間切れ。
計4与四球に被安打7、さらに守備のリズムも悪くなさけない結果に。


◎第83回松戸市ジュニアソフトボール東リーグ 6月4日 六実ニ小

             
 SK |0|2|2|0‖4
火の見下|0|0|0|2‖2

初回、カンタが四球を選び出塁するもダブルプレーで流れに乗りきれない。
先発テンショウは先頭打者を四球で出塁させるが、アキラが好送球で盗塁を刺す。
これで流れをつかむと、2回に粘って3四球を選ぶなど2点を先制する。
さらに3回にはシンジにタイムリーが出て貴重な追加点。
テンショウは4回に長短打3本を浴び2点返されるが、
最後の打者を見逃し三振におさえなんとかジュニア初戦勝利。



◎平成29年度古ヶ崎栄町リーグ春季大会 5月14日 旭町小

☆4戦目
         
 SK |10|10‖20
古ケニ |0|0‖0

先発はカズヒサ。先頭打者に死球、続く打者に四球とダメダメで即交代。
途中登板のアキラはナイスピッチングで6人を完ぺきに抑える。
四球やエラー等もらった点数が多いが、シンジに完璧なホームランが出るなど
いくつか良いあたりも出ていた。


☆3戦目
         
南花島 |3|1|2‖6
 SK |2|2|1‖5

先発カズヒサは緊張からかブルペンでは完璧なのに、マウンドに上がると別人に。
初回、連続与四球後ストライクを取りに来た球を右中間へ被弾。
アキラのホームラン等で一時は追い付くも、この試合も大事なところでミスが出る。
3回1点を返しさらに2アウト満塁でキャプテンアキラの打席と見せ場を作るも、
ショートゴロに打ち取られ敗退。


☆2戦目
            
 SK |0|1|0|0‖1
虹の街 |3|0|1|✕‖4

初回1アウト後ボテボテの当たりを内野安打にされてしまうと、
続く打者のゴロで抜けるセンター前をセンターが弾きいきなり2点献上。
そうすると声も出なくなり、嫌な流れのままさらにもう1点追加される。
しかし2回にナオキがセンターにホームランを打ち流れが変わるかと思ったが、
その裏先頭打者に与四球とつかみきれない。3回もミス絡みで失点しそのまま終了。
大事な試合でミスが出る、そして元気がない。これじゃ勝てない。


☆1戦目
           
 SK |2|5|1‖8
ヤング |0|1|0‖1

初回カンタが四球を選ぶと続くテンショウの内野ゴロを相手の失策で一気にホームへ。
2点を先制した展開も、先発テンショウはピリッとせず、2番3番に連打を打たれると
続く打者にデッドボール。タイムを取り平常心を取り戻すと連続三振でピンチを防ぐ。
するとナオキ、ノブスケにヒット、そしてアキラにホームランも飛び出し8得点!
テンショウは2回も先頭打者に四球を出し失点するが3回は3人で抑え勝利。


◎第57回YS大会       4月16日 相模台小、新松戸西小


☆特別競技

アキラが遠投部門(記録52.9m)で1位になりました。

☆2戦目
             
 SK |0|0|0|2|0‖2
相模台 |1|0|1|0|0‖2

勝った方が準決勝に上がれる試合、優勝候補の相模台さんに全力で挑む。
先発テンショウは球が走っていたが、1回と3回にそれぞれHRを打たれてしまう。
しかし被安打はこの2本のみに抑え流れを渡さない。
そして4回、テンショウ、シンジにヒット出るとカズヒサがきっちり送り
2,3塁のチャンス。続くナオキの内野ゴロの送球が逸れ、その間に1点返す。
さらに2アウト1塁3塁から足を絡めて同点に追いつく。
ヒット数は3本と相模台さんを上回ったがあと1点足りず同点。
1勝1分も残念ながら大会規定(失点数)により準決勝には進めなかった。


☆1戦目
          
 SK |3|2|0‖5
やなぎ |2|0|1‖3

初回カンタ、テンショウが四球を選び出塁するとアキラに3ランHRが飛び出し先制。
楽に投げられる展開にも立ち上がり球が走らずタイムリー二塁打等打たれ2失点。
2回の攻撃はノーヒットながら4四球とバッテリーエラーで追加点を奪う。
最終回に守備のミスが出て失点するが逃げきり勝利。
試合には勝ったが内容は課題が残った。


◎第68回旭学区春季大会


☆決勝
              
虹の街|0|0|0|0|4‖4
SK  |5|0|0|0|×‖5

決勝は虹の街さん。昨年は1勝も出来なかった強豪チーム。初回相手投手の立ち上がりを攻めカンタ、テンショウが連続四球&シンジの野選で満塁のチャンスを作るとキャプテンのアキラが期待に答えレフト前にタイムリーを放ち先制。そしてカズヒサが押し出しを選びさらに相手のミスも出てこの回5得点。先発テンショウはリズムの良いピッチングで流れを渡さない。2回にはレフトライン際のフライをリュウノスケがナイスキャッチ。さらに4回に連打を浴びノーアウト3、2塁のピンチ。続く打者のライトフライでタッチアップするがカズヒサがホームへストライク返球でタッチアウトと好プレーも飛び出す。そして5回2アウトから虹の街さんの猛攻が始まる。疲れの出てきたテンショウから4安打2四球で4点を返されさらにピンチをむかえるが最後のバッターをファーストライナーにおさえなんとか逃げ切る。緊張感のある決勝戦を制し今期初優勝!ナイスゲーム!


☆2戦目
          
三村新町| 0 |1‖1
 SK |10|×‖10

チーム復活を成し遂げた三村新町さんと2戦目。
初回アキラ、カノンのヒットなどで得点を重ねると、
代打のワタルにも3塁打が飛び出し1回に10得点。
先発カズヒサは初回は3人を完璧におさえるが、
2回四死球でランナーをためるとPゴロを自らエラーし失点1。
まだまだ練習が必要。良い球も多々あるだけに今後に期待します!


☆1戦目
         
ヤング |0|0‖0
 SK |5|8‖13

初戦は永遠のライバルヤングさん。1回裏シンジ、アキラの連打などで5得点。
2回裏にはカノンとカズヒサに連続ホームランが飛び出し追加点。
先発テンショウは与四球1もヤングさんの打線をノーヒットでおさえ今期初の完封勝利。


◎第1回山藤杯小金新人戦   3月20日 横須賀小

☆決勝
             
 SK |2|0|0‖ 2
大金平 |9|3|×‖12

決勝はやはり大金平さん。予選でのリベンジを果たしたく新チーム初の決勝戦に選手も気合いが入る。初回カンタが四球、シンジがレフト前ヒットでチャンスを作ると、アキラのショートゴロが悪送球となり2点を先制。しかしその裏、先発カノンは初回2アウトまで良かったが、その後2与四球でランナーをためると、5番打者にレフトオーバー3ランを打たれ逆転を許す。その後も四球、安打、エラーとなかなかアウト1つが取れずなんとこの回9失点。2回も変わった寿久が四球後に打たれるという同じパターンで3失点。決勝戦とは思えない展開でコールド負け。


☆準決勝
            
小金北 |0|0|2‖2
 SK |0|0|3‖3

先発テンショウが指から出血し3球でカズヒサに変わるというハプニング。しかしカズヒサは打たせてとるリズムの良いピッチングで2回までしっかりおさえる。3回疲れが出て連続四球を与えると続く打者にヒットを打たれ2失点。さらに1アウト3塁のピンチで右中間の打球をテンショウがランニングキャッチ。さらに好返球でホームタッチアウト!ピンチをしのぐ。するとその裏、こちらもリュウノスケ、カンタと連続四球を選ぶびチャンスを作るとテンショウがレフトへ2塁打を放ちまずは1点を返す。その後1アウト2,3塁でシンジがセンターへ犠牲フライ。タッチアップでカンタがホームインし同点、さらにセンターのバックホーム返球を見てテンショウが3塁を狙う。ホームから3塁への送球をサードが弾き迷うこと無くその間に一気にホームへナイスラン!今期初のサヨナラ勝ち!


☆予選2戦目
            
大金平 |3|1|0|0‖4
 SK |0|0|0|1‖1

2戦目は6年生9人、そして豪速球エースのいる優勝候補大金平さん。
まだエンジンがかからない先発テンショウは立ち上がり2本の被弾を浴び先制される。
4回カンタ、アキラが四球でチャンスを作るとカノンの2塁打で1点を返す。
さらにチャンスが続くが後続が続かずそこまで。予選1勝1敗も失点差で準決勝進出。


☆予選1戦目
           
アベックス|1|1|1‖3
  SK  |3|0|1‖4

6年生の卒団式翌日に、早速新チームでの新人戦となる山藤杯に出場。
初戦はアベックスさん。初回相手レフトヒットがまさかのトンネルでHRとなり
1点を先制される。しかしその裏、カンタのヒットに続きテンショウが四球を選び
チャンスを作るとシンジの野選等で逆転に成功。先発テンショウは調子が上がらず
3回に同点に追いつかれてしまうが、その裏アキラがヒットと盗塁でチャンスを作ると
最後はバッテリーミスでホームインし1戦目勝利。



◎第9回松ヶ丘大会           2月12日 松戸三中


☆準決勝
            
 SK |0|0|0|1‖1
相模台 |4|3|0|×‖7

予選2位だったが得失点差で準決勝進出。相手は予選1位通過の相模台さん。
初回アキラのライトオーバーでチャンスを作るが後続が続かず無得点。するとその裏、先発カズヒサがブルペンでは調子が良かったがいきなり3四球を与えすぐテンショウに交代するが流れが戻らずこの回4失点。2回も四球とエラーで失点。最終回意地を見せて1点を返すがそこまで。勝ってる時は声が出るが負けている時はおとなしくなってしまう。これでは逆転なんかできないぞ。元気だけは負けないチームにしていこう!

☆2戦目
              
陣ヶ前 |3|0|0|5‖8
 SK |1|0|0|0‖1

初回いきなり2四球とヒットで満塁のピンチを背負うとタイムリーを打たれ3点先制される。その裏カンタが四球を選び、続くテンショウのバントヒットでチャンスを作るとアキラにタイムリーが出て1点を返す。そして4回連打で満塁のピンチを招くと続く打者にホームランを打たれ万事休す。新チーム公式戦初敗戦。

☆1戦目

  SK  |7|3‖10
あじさいE |1|0‖ 1

初回、カンタが粘ってセンター前ヒット。後続も出塁するとシンジにタイムリー。さらに相手エラーもからみこの回7得点。裏の守備も先頭打者にライト前を打たれるが、カズヒサがしっかりアウトにする。二回もシンジ、ノブスケのヒットと相手エラーで追加点。その裏エラーや四球でピンチを招くが何とか守りきり新チーム公式戦初勝利。





○● 平成28年度キャプテン 菊 地  遼 ●○


☆平成28年度公式戦結果

 ※大会結果:優勝2回、準優勝2回、3位6回

第11回こち亀杯              5位
第70回古南小大会             3位
殿平賀小杯(殿小カップ)           3位
第41回北部小大会             ☆優勝!
第1回大内杯U-10大会            準優勝
平成28年度涌井杯(地区選抜大会)     予選3位
第9回古ヶ崎ドリーム杯           3位
平成28年度古ヶ崎・栄町リーグ秋季大会   5位
平成28年度青少年相談員大会        初戦敗退
第67回旭学区秋季大会           3位
第82回松戸市ジュニアリーグ北リーグ    5位
平成28年度松戸市中央大会         初戦敗退
第56回YS大会              ☆優勝!
松戸市中央大会明第一地区予選 出場権獲得  7年連続
第69回古南小大会             3位
第41回明第一地区大会           4位
第81回松戸市ジュニアソフトボール東リーグ 5位
平成28年度古ヶ崎・栄町リーグ春季大会    準優勝
第55回YS大会              3位
第66回旭学区春季大会           4位


◎卒団式              2017年3月19日 北部会館


ひとつ上の先輩が8人いて試合経験豊富なのはリョウ1人だけの新チーム。どうやって勝とうか、どこを伸ばしていくか等正直不安で悩んだよ。

最初は遼が投打で引っ張るチームだったけど、最後は弘樹、和優、陽、6年生全員が活躍して勝てる!というチームになりました。正直もっと勝たせてあげたかった!もっと優勝させてあげたかった!

陽は5年生の終わりに入り、それ以外の3人は1年生から6年間。本当によくがんばったな!そして上手くなったな!中学へ行っても君たちを応援しています!たくさんの感動をありがとう!

遼、和優、弘樹、陽、君達4人は最高の6年生だ!



◎第11回こち亀杯         3月4日 柴又河川敷


☆2戦目
            計
SK |3|4|6|13 
西小菅 |5|0|0| 5 

泣いても笑っても6年生ラストゲーム。初回ヒナタのヒットで出塁後ワユも四球を選びチャンスを作る。するとアキラがレフトへホームラン。3点先制する。その裏先発ワユが5安打を打たれ逆転されるがアウトはすべて三振で1回を投げきる。カンタ、テンショウ、カノンの3連打からキャプテンのリョウにもタイムリーが出て再逆転に成功。その裏テンショウが3人でピシャリとおさえると、3回には「あとは俺達に任せろ」と言わんばかりに5年生以下の代打攻勢が成功し6点を追加し勝利!6年ラストゲームを勝利で飾ることが出来ました。


☆1戦目
             計
SK |0|1|0|0|1 
亀有F |0|0|0|2|2 

延期になっていたこち亀杯がようやく開催。3月ということで6年生最後の大会となりました。2回シンジがヒットで出塁。すぐさま盗塁を決めるがキャッチャーからの送球がそれて一気にホームイン。先発リョウの調子も良くこのまま逃げ切りたいところだったが4回ヒットと2つのエラーが出てしまい逆転を許してしまう。そして無情にも時間切れで敗退。勝たせてあげられず申し訳ない。


◎第70回古南小大会         2月11日 古ヶ崎中


☆3位決定戦  
               計
  SK |0|0|0|3|3 抽選7
火の見下 |1|0|0|2|3 抽選2

冬の古南小大会ではここ数年必ず対戦する火の見下さんと3位決定戦。
気持ちを切り替え最終戦に臨む。初回ワユが四球を選ぶも他3人の6年は共に三振。
その裏リョウが先頭打者HRを打たれあっという間に先制されてしまう。
2回も3者三振となかなか好投手の球に当たらない。
しかしリョウも相手打者に6者連続三振を奪うなど流れを渡さない。
すると4回代わった投手からワユ、ヒロキ、ヒナタが四球を選び、
その後暴投で同点、さらにヒロキのホームスチールで逆転する。
そして最後はリョウと共にたくさんピッチング練習をしてきたワユが登板。
2アウトを取るも2本ヒットを打たれ3、2塁から痛恨のエラーで1点献上すると
続く打者にタイムリーを打たれ同点。その後はおさえて同点のまま抽選へ。
そしてみんなの思いが届き7−2。最終戦は勝利で終えることが出来ました。

☆準決勝
              計
 SK |0|0|0|0|0
風の子 |0|0|1|×|1

準決勝は風の子さん。昨年も準決勝で対戦している強豪。
この試合は完全に投手戦。四球やエラーが出た方が負けという展開。
3回カンタのヒットと送球エラーでノーアウト2塁のチャンス。
続くカノンがきっちり送り1アウト3塁。しかし続く打者の振り逃げ時に
3塁ランナーがホームに突っ込みタッチアウト。なかなか1点がとれない。
リョウも力投を見せるがその裏先頭打者に3塁打を打たれピンチをまねくと
続くバッターの3球目、高めにいったボールをキャッチャーがはじき1点献上。
4回6年生3人に回るも三者三振。結局この1点が大きく準決勝敗退。


☆1回戦
           計
ヤング |0|0|0|0|
SK |2|1|×|3

今期の対戦がここまで5勝5敗というライバルヤングさんと初戦。
初回リョウが四球を選ぶとワユが一発で決める送りバントに成功。
さらに守備のミスが出ていきなりチャンスをつかむ。続くヒロキは
完璧なセンター返しもセンターライナー。返球もよくタッチアップできず。
流れが変わりそうななか4番ヒナタがつまりながらも気迫でセンター前へ。
2回にはカノン、リョウ2本の2塁打が出て追加点。
投げてはリョウが3四球を出すもノーヒット7奪三振の力投で勝利!



◎殿平賀小杯            1月29日 殿平賀小

☆3戦目
                計
 清志町   |0|2|0|0|2
SK   |1|0|0|0|1

初回リョウが右中間をライナーで抜ける3塁打からアキラの内野ゴロで先制。
しかし2回2アウトから四球と連続エラーが出て逆転されてしまう。
先発リョウは10奪三振の力投も打線が1安打におさえられてしまい敗退。
初戦もこの試合も投手戦で四球&ミスが出た方が負けという典型的な展開。
6年生は最後の意地を見せてくれ!

☆2戦目
              計
 SK   |6|3|4|13
六実ひまわり |0|0|0|0

初回リョウの先頭打者ホームランで先制すると連続四球を選び6得点。
2回にはアキラ、カンタのヒット、3回にはヒロキ、シンジ、カズヒサにも
ヒットが飛び出し13得点。投げてはリョウとワユの完封リレーで勝利。

☆1戦目
              計
  SK   |0|0|0|0
平賀あじさい |0|1|0|1

初回好投手からヒロキの2塁打とヒナタ内野安打でチャンスを作るが無得点。
先発リョウも球が走っていて好投を続けるが、2回に死球と盗塁でピンチを招き
さらに3盗を仕掛けられると痛恨の暴投で1点を献上。
その裏カンタが内野安打で出塁するも無得点。好投手から1点がとれず敗退。


◎第41回北部小大会        1月22日 北部小

☆決勝 
               計
  SK |3|4|1|9|17
南花島根本 |1|0|0|0|1

前回敗れている南花島根本さんと優勝決定戦。
初回カンタの3塁打とアキラの2塁打で3点先制。
2回はテンショウのバントヒットで等でチャンスを作るとまたもアキラにタイムリー。
4回にはヒナタ、ナオキ、ヒロキ、ワユにタイムリーが出て今期最多の計14安打の猛攻。
投げてはこの試合もリョウが好調!初回エラー絡みで失点するが無安打9奪三振と好投。
遼世代2回目の大会優勝!この勢いで残りの大会もがんばろう!


☆1戦目 
           計
古ヶ二 |0|0|0|0
SK |1|1|8|10

初回シンジが四球を選ぶと2盗塁でチャンスを作り、カンタの内野ゴロの間に先制。
2回にはヒロキのヒット等で追加点。3回テンショウの内野安打と相手投手の乱れで
8つの四球を選び8得点。投げてはリョウが7奪三振の力投で完封勝利。


◎第1回大内杯U-10大会      12月18日 運動公園


☆決勝 
                     
           計
松戸南|1|0|3|4                     
松戸西|0|1|1|2

決勝は陣ヶ前さんと相模台さん合同の松戸南と対戦。
先発は4戦連続でテンショウ。疲れを見せず逆に徐々に球が走っている。
初回エラーと送りバントでピンチを招くとレフト前に打たれ先制される。
しかし2回カシュウがヒットで出ると相手にミスが出て同点に追い付く。
良い雰囲気だったが3回に4つの連続エラーが出てしまい3失点。
その裏意地で1点返すもそこまで。残念ながら敗退でしたが見事な準優勝!
古ヶ崎二丁目さん、栄町西ヤングさん今年もありがとうございました!


☆準決勝 
             計
竜房台|0|0|1|0|1                     
松戸西|0|0|1|1|2 

準決勝は今年負け無しの松戸王者である竜房台さん対戦。
初回満塁のピンチを守りきったその裏、先頭のシンジがヒット!
その後満塁のチャンスを作るが無得点。2回はお互い3者凡退と互角の展開。
先発テンショウは3回2アウト3塁からヒットを打たれ先制される。
しかしその裏カンタがヒットで出塁すると4番カシュウの2塁打で同点。
さらに4回テンショウが四球を選ぶとココロの送りバントで3塁まで行く好走塁。
そしてナオキの内野ゴロでテンショウがホームインしサヨナラ勝ち!

☆2戦目 
             計         
 松戸西 |3|7|3|13
馬橋連合 |0|0|2| 2


2戦目はグリーンレイズのエースが投げる馬橋連合さんとの対戦。
初回、好投手からカンタがヒットを放つと、相手に守りのミスがでて先制。
さらにテンショウの絶妙なバントヒットなども出て3点を奪う。
2回も先頭のナオキがセンター前ヒット!カズヒサ、シンジが四球を選び
続くカンタがライトにタイムリー!カンタは3回にもタイムリーが出て猛打賞!
投げては最後に2点奪われたがテンショウとカズヒサで投げきり勝利!

☆1戦目 
          計           
小金北|2|0|0|2
松戸西|3|6|×|9

U-10大会は例年通りヤングさん、古ヶニさんと合同で「松戸西」として参加。
初戦は小金北合同チームと対戦。松戸西の先発はテンショウ。
初回、緊張からか四球とエラーでランナーをためると相手4番にヒットを打たれ
2点を先制される。しかしその裏、先頭のシンジが四球を選ぶと、
続くカンタが先制タイムリー!さらに相手のミスが続き逆転に成功。
2回にもナオキ、カズヒサが出塁するとシンジの3塁打で追加点。
追加点で楽になったか、テンショウが最後まで投げきりまず1勝!


◎平成28年度涌井杯(松戸市地区選抜大会) 12月11日 運動公園


1勝1敗で同率2位も得点2点足りず残念ながら予選3位となり、
準決勝へ上がれませんでした。それでも子供たちはよく頑張ってくれました。
敢闘賞は完璧なピッチングのリョウと攻撃の口火をきったミウが獲得。
栄町西ヤングさん、古ヶ崎二丁目さん今年もありがとうございました!


☆2戦目 
               計
松戸西選抜 |0|0|0|1|1
松戸南選抜 |0|0|0|0|0

続いて主催チーム松戸南さんとの対戦。
先発リョウは前試合の勢いをここでもキープし3回までは投手戦の展開。
4回に先頭のミウが三遊間にヒット、その後、代打ヒナタとリョウも続き
ついに1点を奪う。さらに2アウト2塁1塁でヒロキが打った打球は左中間へ。
抜けていればホームランか?という当たりを相手レフトがストップし、
さらにホームに好返球!なんとホームタッチアウトで追加点ならず。
しかしリョウが最後までふんばり無安打(与四球1)での完封勝利!


☆1戦目 
               計
松戸西選抜 |0|1|0|0|1
小金南選抜 |2|0|0|0|2

ヤングさんと古ヶ崎二丁目さんと一緒に今年も松戸西として出場しました。
初戦は小金南選抜チーム。先発レイはヒットとエラーで2失点だったが、
強烈なピッチャーライナーを直撃しながらも痛みに負けずに
一塁に送球しアウトにするなど気迫のこもったプレーを見せる。
指を痛め降板させたが、その気持ちを2番手リョウが引き継ぎ、
なんと全打者(8者連続)三振を奪う完璧な投球をみせる。
2回にアキラのヒットから1点を返すもなかなかあと1本が出ない。
結局、初回の2点が大きくひびいて敗退。



◎第9回古ヶ崎ドリーム杯    12月4日 古ヶ崎小


☆3位決定戦 
             計
大金平 |0|0|0|0|0
SK |0|0|2|×|2




------------------------------------------------------------------------


○● 平成30年度大会結果 キャプテン 山 口 慎 治 ●○

☆平成30年度公式戦結果

  ※大会結果:優勝10回、準優勝2回、3位1回

第74回 Kogasaki Cup(旧古南小大会)  3位
第13回青少年相談員大会       ☆優勝!
第43回北部小大会          ☆優勝!
第9回ファイヤー杯          ☆優勝!
第23回松戸市地区選抜大会       予選敗退
第3回U−10(4年生以下)大会    予選敗退
第11回古ヶ崎ドリーム杯       ☆優勝
第60回YS春季大会          予選敗退
平成30年度松戸市中央大会       5位
第86回松戸市ジュニアリーグ決勝T   5位
第71回旭学区大会          ☆優勝!
第86回松戸市ジュニアリーグ南リーグ  準優勝
第43回明第一地区大会        ☆優勝!
第61回古ヶ崎栄町リーグ秋季大会   ☆優勝!
第73回 Kogasaki Cup(旧古南小大会) ☆優勝!
平成30年度松戸市中央大会予選     出場権獲得(9年連続)
第85回松戸市ジュニアリーグ決勝T   5位
第85回松戸市ジュニアリーグ西リーグ  準優勝
第60回古ヶ崎栄町リーグ春季大会   ☆優勝!
第59回YS春季大会          準優勝
第70回旭学区大会          ☆優勝!
第10回松ヶ丘大会           準優勝




○● 平成29年度キャプテン 柳 沢  滉 ●○

☆平成29年度公式戦結果

 ※大会結果:優勝5回、準優勝1回、3位4回

第2回U−10大会(松戸西合同)     3位 
第72回古南小大会            3位
第69回旭学区大会           ☆優勝!
第42回北部小大会           ☆優勝!
第22回松戸市地区選抜大会        予選敗退
第10回古ケ崎ドリーム杯        ☆優勝!
第84回松戸市ジュニアリーグ決勝TM   3位
第84回松戸市ジュニアリーグ東リーグ   リーグ優勝!
古ヶ崎栄町リーグ秋季大会          5位
平成29年度中央大会           ベスト8
第58回YS大会             予選敗退
松戸市中央大会予選            8年連続出場権獲得
第71回古南小大会            4位
第42回明第一地区大会         ☆優勝!
第83回松戸市ジュニアリーグ東リーグ   4位
平成29年度古ヶ崎栄町リーグ春季大会   3位
第57回YS春季大会            予選敗退
第68回旭学区大会           ☆優勝!
第1回山藤杯(小金新人戦)          準優勝
第9回松ヶ丘大会              3位



○● 平成28年度キャプテン 菊 地  遼 ●○


☆平成28年度公式戦結果

 ※大会結果:優勝2回、準優勝2回、3位6回

第11回こち亀杯              5位
第70回古南小大会             3位
殿平賀小杯(殿小カップ)           3位
第41回北部小大会             ☆優勝!
第1回大内杯U-10大会            準優勝
平成28年度涌井杯(地区選抜大会)     予選3位
第9回古ヶ崎ドリーム杯           3位
平成28年度古ヶ崎・栄町リーグ秋季大会   5位
平成28年度青少年相談員大会        初戦敗退
第67回旭学区秋季大会           3位
第82回松戸市ジュニアリーグ北リーグ    5位
平成28年度松戸市中央大会         初戦敗退
第56回YS大会              ☆優勝!
松戸市中央大会明第一地区予選 出場権獲得  7年連続
第69回古南小大会             3位
第41回明第一地区大会           4位
第81回松戸市ジュニアソフトボール東リーグ 5位
平成28年度古ヶ崎・栄町リーグ春季大会    準優勝
第55回YS大会              3位
第66回旭学区春季大会           4位




○● 平成27年度キャプテン 藤 井 晴 久 ●○

☆平成27年度公式戦結果

 ※大会結果:優勝8回、準優勝2回、3位3回


第68回古南小大会            ☆優勝
第10回こち亀杯             ☆優勝
第40回北部小大会             ☆優勝!
第1回秋山ニュージェネレーションズ杯    予選敗退
平成27年度松戸市地区選抜大会       準優勝
平成27年度青少年相談員大会        初戦敗退
第8回古ヶ崎ドリーム杯          ☆優勝
ジュニア40周年記念大会          2回戦敗退
松戸市ジュニアリーグ決勝トーナメント    5位
第65回旭学区秋季大会          ☆優勝
第80回松戸市ジュニアリーグ東リーグ    準優勝
平成27年度松戸市中央大会         ベスト8
第40回明第一地区大会          ☆優勝
平成27年度古ヶ崎・栄町リーグ秋季大会   3位
松戸市中央大会明第一地区予選  出場権獲得 6年連続
第67回古南小大会            ☆優勝
第79回松戸市ジュニアリーグ東リーグ    3位
平成27年度古ヶ崎・栄町リーグ春季大会  ☆優勝
第64回旭学区春季大会           3位




○● 平成25、26年度キャプテン 山 本 竜 也 ●○


☆平成26年度公式戦結果

 ※大会結果:優勝3回、準優勝4回、3位4回

第68回古南小大会             4位
第39回北部小大会             ☆優勝!
第4回旭町中大会             ☆優勝!
平成26年度松戸市地区選抜大会       予選敗退
第7回古ヶ崎ドリーム杯          ☆優勝
平成27年度青少年相談員大会        初戦敗退
4年生以下相模台大会            準優勝
松戸市ジュニアリーグ決勝トーナメント    5位
第63回旭学区秋季大会           準優勝
第80回松戸市ジュニアリーグ西リーグ    準優勝
第40回明第一地区大会           準優勝
平成26年度古ヶ崎・栄町リーグ秋季大会   準優勝
青少年相談員馬橋大会            3位
平成26年度松戸市中央大会         初戦敗退
第65回古南小大会             4位
松戸市中央大会明第一地区予選  出場権獲得 5年連続
第77回松戸市ジュニアリーグ北リーグ    3位
平成26年度古ヶ崎・栄町リーグ春季大会   3位
第15回柳火杯               4位
殿平賀杯                  4位
第62回旭学区春季大会           3位
第8回小金新人戦              5位




○● 平成24年度キャプテン 菊 地 透 ●○


☆平成24年度公式戦結果

 ※大会結果:優勝2回、準優勝3回、3位2回

第62回古南小大会             7位
第39回北部小大会              3位
第2回旭町中大会              準優勝
平成26年度松戸市地区選抜大会       予選敗退
第7回古ヶ崎ドリーム杯          ☆優勝
平成27年度青少年相談員大会        3位
4年生以下相模台大会            準優勝
松戸市ジュニアリーグ決勝トーナメント    5位
第63回旭学区秋季大会           予選敗退
第59回明第一地区大会           準優勝
第74回松戸市ジュニアリーグ東リーグ    7位
平成24年度古ヶ崎・栄町リーグ秋季大会   準優勝
平成24年度松戸市中央大会         初戦敗退
第61回古南小大会             予選敗退
京葉ライオンズ杯              予選敗退
松戸市中央大会明第一地区予選  出場権獲得 3年連続
松戸市ジュニアリーグ決勝トーナメント    5位
第73回松戸市ジュニアリーグ東リーグ   ☆優勝
平成24年度古ヶ崎・栄町リーグ春季大会   最下位
第13回柳火杯               9位
全国大会松戸市予選             予選敗退
第58回旭学区春季大会           予選敗退
第6回小金新人戦              4位




○● 平成23年度キャプテン 石 井 颯  ●○


☆平成23年度公式戦結果

 ※大会結果:優勝3回、準優勝2回、3位0回

第62回古南小大会             5位
第39回北部小大会             ☆優勝
第2回旭町中大会             ☆優勝
第7回古ヶ崎ドリーム杯          ☆優勝
第6回青少年相談員大会           準優勝
松戸市ジュニアリーグ決勝トーナメント    初戦敗退
第57回旭学区秋季大会           準優勝
第36回明第一地区大会           最下位
第72回松戸市ジュニアリーグ南リーグ    準優勝
第46回古ヶ崎・栄町リーグ秋季大会     4位
平成23年度松戸市中央大会         5位
第59回古南小大会             5位
第36回京葉ライオンズ杯          予選敗退
松戸市中央大会明第一地区予選  出場権獲得 2年連続
第71回松戸市ジュニアリーグ東リーグ    5位
第45回古ヶ崎・栄町リーグ春季大会     準優勝
第12回柳火杯               9位
第56回旭学区春季大会           予選敗退
全国大会松戸市予選             予選敗退
第6回小金新人戦              10位

管理者へメッセージ
メールアドレス
メッセージ
画像認証 左の数字を入力してください。