MENU チーム勝敗表 個人成績 部門別 選手紹介 スケジュール 出欠記録 BBS HOME

グリーンファイターズ 試合結果詳細
(最終更新日:2019/9/19 14:52)
試合日2019年05月05日 第2試合目
年度・主催2019年度 池山杯実行委員会主催
大会・回戦・グランド池山隆寛杯争奪少年野球大会 2回戦
チーム名123456total
グリーンファイターズ0060107
勝瀬キッズ0222107
先攻バッテリー浅野、古宇田ー岩瀬
後攻バッテリー高野、吉田ー林、斉藤
長打(二)吉原快飛 吉原快飛 岩瀬陸真 (三)古宇田陽生 《安打数:13本》
内容【試合結果】タイブレーク6−4で勝利!
2回戦にコマを進めたグリーンの次の相手は勝瀬キッズ。こちらも富士見市のリーグ戦覇者の強豪だ。特に3・4・5番の破壊力はすさまじいものがあり、いかに彼らの前に走者を溜めないかがポイントになる。先攻のグリーンは球速の速くない先発投手を打ちあぐね三者凡退。対する浅野のピッチングも強打者を含む上位打線に三者凡退に打ち取る立ち上がり!両者がっぷり四つで試合開始だ。2回表も遅い球にタイミングが合わず3人で攻撃終了。2回裏相手4番の2ベースを皮切りに送球ミスとタイムリーで2点を先制される。3回エラーで出塁の浅野を2塁に置いて1試合目から当たっている小津の2ベースでまず1点!そこから大・徳田・松岡が連続バントヒットで1点追加後に吉原が2点タイムリー2ベース!(4−2)岩瀬の犠飛に続き不振で6番に入っていた芹沢に待望のタイムリーが出てこの回打者一巡・6点を挙げて一気に主導権を握る。しかしさすがは強豪、3番・4番の連続ホームランで2点を返され6−4。強打の相手はさらに4回、ライトゴロを含め3連打で一死一三塁で上位打線へ。ここで盗塁を仕掛けられたグリーンは岩瀬の二塁送球をセカンドがカットするサインプレーで三塁走者を飛び出させタッチアウトのビッグプレー!その後2安打で2失点も同点止まりでで4回を終えた。相手投手が交代した5回、吉原のこの試合2本目の2ベースから古宇田のタイムリーヒットで1点を勝ち越し!(7−6)5回から2番手古宇田がリリーフするが、相手伏兵8番にホームランを浴び再び同点となる。時間的に最終回となる6回、大死球、徳田ヒットで二死ながら一二塁とチャンスを作るが松岡が倒れ無得点。同点で迎えた6回裏、この試合ホームランと2ベースを打っている3・4番を再び迎え1点でも取られたらサヨナラという場面。ここで古宇田の落ち着いた投球により上位打線を無得点に抑えタイブレークの延長戦へ突入した!
タイブレークは無死満塁から3番吉原の打順。いきなり死球で押し出しで1点を取ったあと岩瀬の2ベースでまず2点!さらに古宇田の走者一掃3ベースでさらに2点!この日大当たりの小津のタイムリーでダメ押しの1点で一挙6点を挙げた!その裏の守りを5点以内で守れば勝利だが、そこは外部大会。そこまで甘くはなかった!相手は下位打線から始まるタイブレーク、何とか凌げるかに思えたが、先頭が高いバウンドが内野の頭を抜けてしまう不運なヒットでまず2点。さらにレフト前ヒットを打たれ1点を失うも走者判断ミスしたところを見逃さず3塁封殺で1アウト。さらにショートに高いバウンドが来るが走塁ミスもあり2塁封殺で2アウトまでこぎ着ける。(TB6−4)二死二三塁で2番打者・アウトを取れば試合終了という場面だが痛恨の四球!2点差で二死満塁、強打者の巨漢3番。絶体絶命のピンチも古宇田は動じず、最後はライトに入っていた浅野のグラブに飛球が収まりゲームセット!!
格上と言っても差し支えない相手に終始主導権を握り、タイブレークで勝ちきった選手たちにベンチは歓喜の嵐、母たちは涙。2試合を通じてエラーがほとんどなく、がっぷり四つで組み合い寄り切った強さは本物。この勢いで明日も2連勝をもぎ取るぞ!

打撃成績
打順守備位置選手名1233456TB打点盗塁盗失得点失策
1中堅手徳田十也(8)三ゴ遊内@投内中安10020
2二塁手松岡翔吾(4)二飛三内右飛捕飛00020
3遊撃手吉原快飛(1)三直左2A中2死球@30030
4捕手岩瀬陸真(10)四球中犠@遊ゴ二2A30010
5一塁手古宇田陽生(3)二ゴ中直二安@中3A30010
6右翼手芹沢翔二郎(6)遊ゴ右安捕飛投飛01000
7投手浅野雄心(5)一失遊ゴ投直一飛01010
8左翼手小津大輝(7)左安@一飛投飛左安@20110
9三塁手大司帆(2)投内左飛死球00020

投手成績
投手名イニング数自責点失点三振四球死球被安被本投球数勝敗
浅野雄心(5) 4回561418179-
古宇田陽生(3) 3回22125162


Websb Ver.4.1.1
LicenseNo:行くぜ!ONLY