MENU チーム勝敗表 個人成績 部門別 選手紹介 スケジュール 出欠記録 BBS HOME

グリーンファイターズ 試合結果詳細
(最終更新日:2019/5/21 12:27)
試合日2019年05月19日 第1試合目
年度・主催2019年度 練習試合主催
大会・回戦・グランド
チーム名123456total
グリーンファイターズ5010006
富士見ファイヤーズ2000226
先攻バッテリー浅野、古宇田、吉原ー岩瀬
後攻バッテリー礒、井上、森田ー森田、礒
長打(二)岩瀬陸真 古宇田陽生 小津大輝 《安打数:10本》
内容池山杯敗戦後の最初の試合。「次の塁を狙う」ことをテーマに臨んだ試合だったが、まだまだ課題を残す結果となった。
先攻のグリーン、初回徳田が四球で出塁・浅野の犠打で二進するが三塁ベースがガラ空きだったのを見逃してしまう。二死から死球・四球で満塁とすると松岡の先制タイムリー!続く好調小津のセンターオーバーの3点タイムリー2ベース、さらに大のタイムリーと一気に5点を先制した。
先発浅野の立ち上がり、簡単に2アウトを取ったあと連続四球と盗塁で二死二三塁のピンチ、ここでセカンドフライを落球しノーヒットで2点を失ってしまう。その後は浅野・3回から登板の古宇田がしっかり抑え、両チーム引き締まったゲームとなる。途中3回の古宇田の犠牲フライで1点追加し、6−2の5回裏から吉原が登板した。相手3番の長打で1点を失ったのち、バックホーム体制で狙い通りの内野ゴロに仕留めるも一塁送球でみすみす1点を献上。そこから二死後に連続エラーで二三塁のピンチを招くが、ここは追加点は許さず2点差で凌ぎ切る。(6−4)最終回、大のヒットから徳田・浅野の連続バントヒットが決まりノーアウト満塁の大チャンス!しかし吉原・岩瀬が連続で前進守備のショートゴロに倒れ無得点に終わる。その裏死球・エラーでピンチを作り内野ゴロの間に1点を失いついに1点差!(6-5)次の打者では先ほど判断ミスした大が前進守備からバックホームアウト!二死一塁、抑えれば勝利の場面。ここでショート深いところへ内野安打・一三塁かと思われたが三塁走者の飛び出しを見逃さず古宇田が三塁へ送球!しかしこれを弾いてしまいついに同点に・・・。最後はショートゴロで同点の試合終了となったが、後味の悪い試合結果であった。
ハーフウェイで打球から目を切り起きたことがわからない、二死で「打ったらゴー」で漫然と走り次の塁が狙えない、打った後の打球を確認せずオーバーランしないなど基本的な走塁ができていなければ外部チームとの差は埋まらない!守っても打たれたクリーンヒットはたった4本、2点以内に抑えられる試合だっただろう。一方10安打6四死球で6得点は何とも寂しい。池山杯を上回る成績を残すには、相手に勝るがむしゃらさと貪欲さが欲しい。裏を返せば、まだまだ伸び代があるのだから、後は選手の思いと取り組み次第だと思う。
課題を見つけるための練習試合。来週から始まるヤクルト大会で結果を残せるよう今日学んだことを活かそう!今日の悔しさはこのチームの糧になるはずだ。

打撃成績
打順守備位置選手名1234567打点盗塁盗失得点失策
1中堅手徳田十也(8)四球三飛投犠投内00010
2投手浅野雄心(5)三犠投飛遊ゴ投内00000
3遊撃手吉原快飛(1)三直三ゴ遊ゴ遊ゴ00000
4捕手岩瀬陸真(10)死球左安中2遊併00020
5一塁手古宇田陽生(3)四球左犠@左210010
6二塁手松岡翔吾(4)右安@左安四球10111
7左翼手小津大輝(7)中2B三振四球30010
-左翼手金井謙(9)00000
8右翼手大司帆(2)右安@投飛投ゴ10002
9三塁手芹沢翔二郎(6)遊ゴ四球右安00002

投手成績
投手名イニング数自責点失点三振四球死球被安被本投球数勝敗
浅野雄心(5) 2回0212138-
古宇田陽生(3) 2回001128-
吉原快飛(1) 2回241337-


Websb Ver.4.1.1
LicenseNo:行くぜ!ONLY