MENU チーム勝敗表 個人成績 部門別 選手紹介 スケジュール 出欠記録 BBS HOME

グリーンファイターズ 試合結果詳細
(最終更新日:2019/9/30 23:15)
試合日2019年09月29日 第1試合目
年度・主催2019年度 東武鉄道主催
大会・回戦・グランド東武鉄道杯 1回戦
チーム名1234total
グリーンファイターズ02114
中部ユニオンズ5717X29
先攻バッテリー石井、岸ー多田
後攻バッテリー西田、小沼ー吉岡
長打(二)斎藤一統 石井優輝 《安打数:4本》
内容待ちに待った東武鉄道杯初戦!5年生以下の初の外部大会だ。グリーンはエース福本を肩痛で欠きハンデで臨む一戦となる。
先攻のグリーンは初回わずか9球で三者凡退を喫し迎えた裏の守備。先発は石井。開始5球目にいきなり右中間を抜かれランニングホームランを浴びる。しかし続く二者を斬り落ち着いたかに見えたがここから死球・エラー・四球と崩れ満塁から走者一掃のタイムリーで計5失点と大きくリードを許す。2回の表、酒井が四球を選び、熊田がライト前にヒット!ランナー2塁3塁の場面で、五島が渾身のスクイズ!見事に成功させ、相手守備の乱れも突き2点を返す!(2-5)
流れを引き戻したかに見えたグリーンだったが、2回は5安打・2四球・1エラーで先頭から一死も取れず8人の出塁を許し大量7点を追加された。(2-12)
このままでは終われないグリーン、3回斎藤が2ベースヒットで出塁すると岸のタイムリーで1点を返す!だが果敢に2塁を狙い惜しくも憤死でチャンスが潰えた。(3-12)
3回からは岸が登板。簡単に一死を取ったが急に崩れ、8安打5四死球に3失策1野選でアウトが全く取れずまさかの大量失点で勝負あり。(3-29)最終回、石井が左中間に意地の2ベースを放ち、代打塩入が四球を選んだ後、五島が本日2回目のスクイズを成功させ1点を返すが反撃もここまで。悔しいコールド負けを喫した。
なぜこんな結果になったのか。実力差がそんなにあっただろうか。練習でやったことが全くできなかったし、苦しんでいる投手やエラーをしてしまった野手を含め、みんなを奮起させる声も勝利を呼び込む声も全く出なかった。途中で諦めてしまったのではないかと感じる雰囲気だった。野球選手として、スポーツマンとして、変わらなくてはならないだろう。
次の大会までの約1ヶ月。基礎的な技術力向上も必要だが、それ以上に、心の成長に期待したい。

打撃成績
打順守備位置選手名1234567打点盗塁盗失得点失策
1右翼手斎藤一統(19)三ゴ中201010
2一塁手福本貴也(11)一飛三振00000
3遊撃手岸哲平(12)二ゴ右安@10001
4投手石井優輝(18)一飛中201011
5三塁手酒井祐太朗(14)四球00016
-左翼手塩入誠大(33)四球00000
6二塁手熊田智之(15)右安三振01010
7左翼手五島紘(16)投犠@投犠@20000
8右翼手鴻野太耀(17)三振投ゴ00000
9捕手多田宗真(13)三振00000

投手成績
投手名イニング数自責点失点三振四球死球被安被本投球数勝敗
石井優輝(18) 2回8121327164
岸哲平(12) 1回81742865-


Websb Ver.4.1.1
LicenseNo:行くぜ!ONLY