MENU チーム勝敗表 個人成績 部門別 選手紹介 スケジュール 出欠記録 BBS HOME

グリーンファイターズ 試合結果詳細
(最終更新日:2020/2/24 16:2)
試合日2019年10月27日 第1試合目
年度・主催2019年度 浦和軟式少年野球連盟主催
大会・回戦・グランド後期リーグ戦 第7節
チーム名1234567total
グリーンファイターズ00001258
浦和ボンバーズ20000002
先攻バッテリー吉原ー岩瀬
後攻バッテリー岩渕ー山田
長打(二)吉原快飛 芹沢翔二郎 小津大輝 《安打数:11本》
内容前節5戦全勝で優勝を決めたグリーン、最終節の相手は前期リーグ初戦で最も苦しめられたボンバーズだ。
初回先頭の松岡が初球をライトへ痛烈に破り出塁すると、すかさず盗塁で無死二塁の理想的なチャンスメイク。吉原がレフト前に運ぶも三塁ストップとなり一死二三塁とするが、後続が倒れて先制のチャンスを逃す。先制機を逃したその裏、ヒットで一死二塁のピンチからピッチャー返しがセンターに抜け先制を許す。さらにライトゴロの間に追加点を奪われ0-2でのスタートとなる。2回芹沢が三塁強襲のヒットで出るが、盗塁失敗で結局3人で攻撃終了。その裏三塁強襲のヒットをお返しされ無死一塁となるが、投ゴロ併殺でピンチをしのいだ!3回4回といい当たりも出るが相手の好守にも阻まれ2イニングでわずか13球で抑えられた。しかし守る方も3、4回も1人ずつランナーを出すが堅実な守備で無失点に切り抜ける。
前期の苦戦の記憶が蘇ってくる雰囲気で5回、一死から小津の三塁線を抜ける2ベースで久しぶりのチャンスを作ると大の投ゴロを相手がミスし1点を返す!(1-2)1点差に追いつき流れがグリーンに傾きかけたが、その裏二死からヒット・2ベースで二三塁のピンチ!ここで初回にタイムリーを浴びた相手3番とのガチンコ勝負で吉原は見逃しの三振を奪う!6回は大ピンチをしのいだ吉原から。三塁線の際どい当たりだったが、一塁エラー・暴投もあり無死三塁のチャンス。ここで主将岩瀬がタイムリーを放ちようやく追いついた!(2-2)こうなると流れはグリーン。岩瀬が三塁まで進み芹沢にスクイズのサイン!しかし投球が高めにウエストされチャンスが潰えたかに見えたが、岩瀬のスタートが抜群で結果ホームスチールとなり逆転に成功!(3-2)
こうなると流れは完全にグリーン。5・6回も走者は許すが要所を締め得点を許さない。そして迎えた最終回、松岡の強襲ヒットを皮切りに浅野の犠打失、吉原2ベース、岩瀬・芹沢・小津と続き7者連続出塁で5点を奪取し勝負あり。最後はこの日二つ目の5-4-3のダブルプレーで締め、2季連続優勝を全勝で飾った。
6試合をわずか1失策で守り切った後期リーグ戦。各試合とも打線に火がつくのが遅かったが、集中して粘り強く最少失点に抑えてチャンスを待つことができたのが勝因のひとつだろう。
前後期無敗でのリーグ制覇はグリーン史上初の快挙だ!本当におめでとう![戦評 徳田]

打撃成績
打順守備位置選手名1234567打点盗塁盗失得点失策
1遊撃手松岡翔吾(4)右安左飛四球投安02010
2中堅手浅野雄心(5)投飛遊飛三ゴ投犠01010
3投手吉原快飛(1)左安三飛三安左2@10020
4捕手岩瀬陸真(10)投飛二飛中安@三安12020
5一塁手古宇田陽生(3)投ゴ二ゴ投ゴ一野@11010
6三塁手芹沢翔二郎(6)三安左飛左飛左2A20100
7左翼手小津大輝(7)三振左2死球中安00010
8右翼手金井謙(9)二ゴ投飛二ゴ一ゴ00000
9二塁手大司帆(2)左飛投失遊ゴ01000

投手成績
投手名イニング数自責点失点三振四球死球被安被本投球数勝敗
吉原快飛(1) 7回224109092


Websb Ver.4.1.1
LicenseNo:行くぜ!ONLY