MENU チーム勝敗表 個人成績 部門別 選手紹介 スケジュール 出欠記録 BBS HOME

グリーンファイターズ 試合結果詳細
(最終更新日:2020/2/24 15:55)
試合日2020年02月15日 第1試合目
年度・主催2020年度 練習試合主催
大会・回戦・グランド 連盟専用球場
チーム名123456total
グリーンファイターズ0002002
東与野フェニックス03003X6
先攻バッテリー福本、岸(哲)ー多田
後攻バッテリー渡邊、森ー田島
長打《安打数:4本》
内容土曜日に行われた3チーム変則トリプルヘッダーの練習試合。主力2人を欠くが新5年のチャンスを活かしたい。1試合目は東与野フェニックス。
先攻のグリーン、初回は3人であっさり攻撃終了。その裏、先発の福本も素晴らしい立ち上がりでお互いに3者凡退に抑えた。
2回先頭の福本が右中間へのヒットで出塁、続く岸の当たりがライト前にフラフラと落ちる当たりでチャンス拡大と期待するも、一塁ランナーの判断悪く二塁で封殺(記録はライトゴロ)、チャンスを活かせなかった。するとその裏、相手の4番、5番に連続ヒットと盗塁でノーアウト2,3塁のピンチ。そこでうまく3塁ランナーを誘い出し、三本間で挟むも追い方が悪く、どちらのランナーにもタッチを交わされオールセーフ。それどころか2塁ランナーを追いすぎた隙をつかれ先制を許す。その後も守備の乱れや四球・ライトゴロの間に失点し、この回に3点を失った。(0-3)
3回、二死から1番斎藤が内野安打で出塁。続く2番熊田も四球でチャンスを広げるも盗塁失敗でまたも無得点に終わる。その裏、先頭に9球粘られ四球を出し、盗塁で無死二塁のピンチ。しかし後続をレフトに入った5年木樽がフライをキャッチし、続く三ゴロをサード熊田が冷静に捌き走者タッチアウト!内野安打で二死二三塁のピンチが続くも無失点に切り抜け徐々に流れはグリーンへ。
4回、先頭の多田・福本が四球を選ぶと相手投手が交代。さらに岸(哲)がセンター前へ運び無死満塁の大チャンス!ここで酒井がタイムリー内野安打で1点を返す。さらに相手守備の乱れに乗じて1点を追加、1点差とした。(2-3)
4回裏から岸(哲)が登板。先頭の7番打者は初球をサードゴロ、これを熊田が難なく捌く。続く8番も初級をサードゴロ、9番は2球目をサードゴロと、なんとこの回4球で三ゴロ3つと完璧な投球を見せ、テツandトモの2人で反撃ムードを上げた。
しかし5回の攻撃は各打者粘りを見せるが出塁できず二番手投手に流れを食い止められた。その裏、岸がこの回の先頭打者も初球を打たせ、サード熊田が背走しながらキャッチし1アウトを取るが、そこから四球・エラー・四球・エラーで一気に3失点。その後はセンター斎藤がフライを2つ処理したもののノーヒットで突き放されてしまう悔しい展開。(2-6)
一度手放した流れは戻らず、6回も無得点で試合終了となった。
安打数は相手を上回りながら、得点数は負けてしまっている原因についてよく考え、それを補うことを意識した日々の練習に期待したい。[戦評 福本/徳田]

打撃成績
打順守備位置選手名1234567打点盗塁盗失得点失策
1中堅手斎藤一統(4)三振遊安投ゴ01000
2三塁手熊田智之(5)遊ゴ四球三ゴ00100
3捕手多田宗真(2)三振四球三振01010
4投手福本貴也(10)中安四球三振00000
5一塁手岸哲平(1)右ゴ中安投ゴ00010
6二塁手酒井祐太朗(3)三ゴ二安@遊失13000
7遊撃手塩入誠大(13)三振三振00000
-二塁手山形佳成(11)三振00000
8左翼手木樽大河(15)三振00000
-左翼手赤羽根晴真(14)四球00000
8左翼手松田惟吹(18)00000
9右翼手鴻野太耀(6)三振三振00000

投手成績
投手名イニング数自責点失点三振四球死球被安被本投球数勝敗
福本貴也(10) 3回332303058
岸哲平(1) 2回130200026-


Websb Ver.4.1.1
LicenseNo:行くぜ!ONLY