MENU チーム勝敗表 個人成績 部門別 選手紹介 スケジュール 出欠記録 BBS HOME

グリーンファイターズ 試合結果詳細
(最終更新日:2020/9/16 21:8)
試合日2020年09月13日 第1試合目
年度・主催2020年度 浦和軟式少年野球連盟主催
大会・回戦・グランド後期リーグ戦 第4節 連盟専用球場
チーム名1234567total
浦和バッファローズ00000000
グリーンファイターズ000100X1
先攻バッテリー松井(楓)ー中島(彰)
後攻バッテリー福本ー熊田
長打(二)斎藤一統 《安打数:7本》
内容1週間雨で流し、2週間ぶりのリーグ戦!相手はニチガス杯でも対戦したバッファローズ。今日は後攻のグリーン。先発福本の立ち上がり、先頭打者2球で追い込むがファウルで粘られたあとに死球で出塁を許す。しかしここで執拗な牽制で走者の逆を突きタッチアウト!嫌な流れをいきなり断ち切り、3人で打ち取ることに成功した。対するグリーン、一死から酒井の右安でチャンスメイクも後続が続かず無得点に終わる。2回、簡単に2アウトを取り3人目もショートへのハーフライナーを多田がキャッチ!しかし投げる必要のない場面だったがボールを握ろうとした際にボールを落とし、これをキャッチ不成立とみなされ走者を出す。しかし続く打者を確実に多田が今度こそキャッチし無失点。反撃したいグリーンは2回先頭の岸がクリーンヒットで出塁、松田がきっちり送りバントを決めチャンスを広げると赤羽根が中前安打!当たりがフライ気味だったためハーフウェイから本塁帰れず一死二三塁のチャンスが残る。ここで3球目にスクイズのサインが出るも、三塁ランナーの岸が牽制で誘い出され挟殺。結局この回無得点に終わる。(0-0)
3回の守りは二者連続三振のあと遊飛をまさかの落球!二死二塁のピンチを背負い続く打者にセンターへの大きな当たりが飛ぶが、齋藤が反応よく落下点に入り無失点を継続する。そろそろ先制点の欲しいグリーンはその裏二死から酒井がこの日2本目の安打で出塁!さらに多田がランエンドヒットを決め二死ながら二三塁のチャンスを掴み、打者は4番・福本!しかし2球目のワイルドピッチに三塁走者酒井が突っ込み本塁憤死。先制点の絶好チャンスを逃す。(0-0)4回の守り、一死からセカンドゴロを赤羽根が痛恨のトンネル!外野のカバーも遅れ一死二塁のピンチを招く。ここでバッファローズは送りバントを選択するが、ファースト酒井の猛チャージと力ある速球に打者がフライを上げてしまい、酒井がキャッチ・二塁転送でダブルプレイ!先制点を許さない。その裏福本からの攻撃は四球を選び出塁!すかさず盗塁を決め無死二塁。岸が絶妙なバントを一塁線に転がす!投手と一塁の踏み合いとなり、一瞬早く一塁を駆け抜けたかに見えたが判定はアウト。しかしその間に三進していた福本がタイミングはアウト気味だがきれいに回り込んだスライディングで本塁を陥れ、待望の先制点を奪った!さらに赤羽根がこの日2本目・三塁強襲の痛烈なヒットで出塁し、代走山形が盗塁を狙うが牽制でおびき出され追加点はならなかった。(1-0)
先制点をもらった福本だが、5回先頭にこの日唯一のヒットらしいヒットを許し無死一塁。さらに暴投で無死二塁から犠打で送られ一死三塁と最大のピンチを迎える。しかしここでギアを上げた福本、連続三振でピンチを切り抜けた。追加点の欲しいグリーンは一死から齋藤が右中間にフェンスを超えるエンタイトルツーベース!追加点の絶好機だったが初球を打ち上げ内野フライ2つでチャンスを逃す。テンポの早い試合は6回に入る。簡単に二死を取った後、サード後ろに上がったフライを落球し二死二塁・打者4番のピンチを招くが落ち着いて打ち取りリードを保つ。何としても追加点を取っておきたいが、多田の痛烈な打球はファースト正面・好捕されるなど6回も無得点でついに1点差で最終回に入る。最終回の大事な先頭打者、センターに抜けたとあきらめかけた当たりを多田がギリギリで追いつき回転しながら正確な一塁送球!酒井も体を伸ばし超好プレイで1アウト!。。。と誰もが思ったそのとき「足が離れた」という耳を疑うような判定により出塁を許してしまう。盗塁で無死二塁となり、続く打者も難しい遊ゴロだったが確実にアウトを取り、この日3度目の一死三塁のピンチを迎える。一つのミスも許されない状況に、最後は福本が圧巻の連続三振を奪いゲームセット!
毎回いろんな形で走者を許す苦しい展開の試合だったが、準ノーヒットノーランとも言える完璧な投球と緊張感の続く場面の連続の中、全員の集中力で無失点で乗り切った経験は必ず今後活きるはずだ。これでリーグ戦は3連勝。優勝へ向けて残り4試合を全力で闘おう!
※なお7回表に遊ゴロで一塁送球時にボールがそれて打者走者にタッチをしたプレーに走塁妨害が適用されそうになったが「ボールを持たないとき」しか走塁妨害は成立しないので、今後も自信を持ってタッチプレーをしていこう。
【野球規則2,51】OBSTRUCTION:オブストラクション(走塁妨害)
野手がボールを持たない時かあるいはボールを処理する行為をしていない時に走者の走塁を妨げる行為である。(7,06a項 b項)
[戦評:徳田]

打撃成績
打順守備位置選手名123456打点盗塁盗失得点失策
1捕手熊田智之(5)投ゴ三ゴ一飛00000
2一塁手酒井祐太朗(3)右安左安遊飛01000
3遊撃手多田宗真(2)遊飛中安一ゴ01001
4投手福本貴也(10)三ゴ四球三振01010
5三塁手岸哲平(1)中安投犠@遊ゴ10001
6左翼手松田惟吹(18)投犠三振00000
7二塁手赤羽根晴真(14)中安三安02001
--山形佳成(11)00100
7二塁手塩入誠大(13)00000
8右翼手鴻野太耀(6)三振投ゴ00000
-右翼手木樽大河(15)00000
9中堅手斎藤一統(4)三振右200000

投手成績
投手名イニング数自責点失点三振四球死球被安被本投球数勝敗
福本貴也(10) 7回008013076


Websb Ver.4.1.1
LicenseNo:行くぜ!ONLY