MENU チーム勝敗表 個人成績 部門別 選手紹介 スケジュール 出欠記録 BBS HOME

グリーンファイターズ 試合結果詳細
(最終更新日:2020/10/21 11:10)
試合日2020年10月18日 第1試合目
年度・主催2020年度 浦和軟式少年野球連盟主催
大会・回戦・グランド理事長杯 1回戦 連盟専用球場
チーム名12345total
フルスイングBC(四年以下)000404
グリーンファイターズ001102
先攻バッテリー安原ー古賀
後攻バッテリー森本(壮)ー森本(就)
長打(二)渡辺晴陽 《安打数:2本》
内容理事長杯1回戦フルスイング戦。この大会に向けてこれまで練習を積んできた選手達。
後攻グリーンの先発は森本(壮)。初回の立ち上がり、2者連続三振で2アウト。次打者はこの日セカンドに入った安東が落ち着いてさばき三者凡退。その裏の攻撃。2アウトから森本(就)が四球と盗塁で2塁まで進むが後続倒れ先制ならず。
2回も森本(壮)が好投。2三振と内野ゴロで3者凡退とエンジン全開!その裏の攻撃。2死後、大須賀、渡辺、橋本が四死球で繋ぎ2死満塁先制のチャンス! 続く1番涌井はカウント3-2から打ってでるが1ゴロで先制ならず(0-0)
3回、森本(壮)は先頭に死球を与えこの日初めての出塁を許すと牽制悪送球で無死二塁のピンチ! 緊張感漂う場面も後続を2三振とファースト丸橋が落ち着いて飛球を処理して無失点で切り抜ける。試合は早いテンポで3回裏グリーンの攻撃へ。一死から森本(就)が四球で出塁し盗塁で一死二塁の先制チャンス。次打者は投ゴロで2アウト。すると二塁走者森本(就)が三塁を回り一気にホームへ。暴走気味ではあったが相手ミスもあり生還! グリーンに待望の先制点が入り試合が動き出す(1-0)。
得点後の4回。先頭を四球で出し盗塁後、次打者の左前ヒットで無死1、3塁のピンチ。ここで相手4番がレフトオーバーの2塁打を放つ! 7-6-2と中継でつなぎ2人目の走者は本塁アウトのタイミングも捕手が前にこぼし2者が生還。一気に逆転を許してしまう(1-2)。
すると続く5番打者の内野安打でさらに1失点。その後二死までこぎつけるがワイルドピッチで三塁走者が還り手痛い4失点目を喫する(1-4)。
反撃したい裏のグリーンの攻撃。先頭の瀬田が内野安打とエラーで2塁まで進みチャンスメイク。一死後、8番渡辺がセンターへの適時打で1点返す!(2-4)反撃ムード高まるが後続続かずこの回1点止まり。
最終回、森本(壮)の意地のピッチングで3者三振に取り最終回の攻撃に望みを託す。裏の攻撃は一死後、森本(就)の強烈な当たりは惜しくもセカンド正面で2アウト。後続も三振に倒れゲームセット(2-4)。

前回練習試合で大勝した相手にまさかの敗戦。理事長杯は初戦敗退で無念の終了(試合後は涙を流す選手も…)。
打線は、適度に荒れながらもなかなか崩れない相手投手のボールの見極めに苦戦。森本(壮)は我慢の投球で5回完投の好投も、相手チームの安打は全て4回の4連打に集中(4回以外はほぼ出塁無し)する等、色々な巡り合わせの不運もあった… 
初戦の怖さを味わう試合となってしまったがこれも経験! 試合前の気持ちの準備に不足は無かったか、一人一人がもう一度確認し、4年生はこの悔しさを三和タジマ杯にぶつけよう![戦評:涌井]

打撃成績
打順守備位置選手名12345打点盗塁盗失得点失策
1遊撃手涌井勇人(22)投ゴ一ゴ左飛00000
2一塁手丸橋章人(23)三振三振三振00000
3捕手森本就(21)四球死球二ゴ00000
4投手森本壮一郎(20)三振投ゴ三振00000
5二塁手安東樹希(31)三振三振00000
6三塁手瀬田浩都(24)三振二安00000
7右翼手大須賀咲弥(25)四球三振00000
8中堅手渡辺晴陽(34)死球中2@10000
9左翼手橋本煌平(26)死球三振00000

投手成績
投手名イニング数自責点失点三振四球死球被安被本投球数勝敗
森本壮一郎(20) 5回4411314086


Websb Ver.4.1.1
LicenseNo:行くぜ!ONLY